2015年03月06日

赤木野々花アナ、NHK大阪の夕方ニュースの顔に 岡山出身

赤木野々花アナ、NHK大阪の夕方ニュースの顔に 岡山出身

赤木アナは岡山県出身で、慶応大学卒業後、2013年にNHK徳島放送局に配属。若手地方アナながら、昨年6月にはサッカーW杯ハイライト番組のスタジオキャスターを、8月には「ニュースウォッチ9」のスポーツ代行キャスターを務めるなど全国放送の番組に起用された。

赤木野々花アナ  岡山出身.jpg
赤木野々花 アナ スケッチ
////
Akagi Nono flower, in a face of the evening news of Ana and NHK Osaka From Okayama.

Akagi Nono floral (red the one of* one or =24) announcer at the entrance for 2 years was chosen and on the 5th, held a press conference by the said Osaka Broadcasting bureau in "face" of news the evening in NHK Kansai area.

Ana Akagi appears on "news relieved Kansai" in a NKH Osaka Broadcasting bureau (the moon-Friday and 6:10pm) as a caster from the 30th this month.

"I thought it was a harpist until college days.". The 22nd "time harp contest" by which Ana Akagi who was applying herself to a harp from child's time to Keio University age is 10 years (advance section), then, about 5. The harp was continued eagerly, "It's also close also to express that I appear on the stage as HAPISUTO and express with voice as an announcer.", as, in a hurry policy conversion. I entered NHK in 13 and was assigned to Tokushima broadcasting station.

Such as a study was eager from the character full of curiosity, and also appearing on a caster of a soccer World Cup related program and "news watch 9" last year, I expanded the width of the work and was chosen by a face in the evening by reorganization in this spring.

Ana Akagi, "I'm emulous for myself from the past. I don't want often not to know and to be defeated by oneself lack of study. I'm defeated by myself.", a target is put up.

I assign to birth place-upbringing and Osaka for the first time at Okayama. "I don't know Osaka, so, a broiled cutlet on a skewer is also well-informed about Takarazuka theatergoing and Koshien, and I'd like to study." and, I was speaking.
////
赤木野々花アナ、NHK大阪の夕方ニュースの顔に 岡山出身

NHK関西地区の夕方ニュースの“顔”に、入局2年の赤木野々花(あかき・ののか=24)アナウンサーが抜てきされ、5日、同大阪放送局で記者会見した。

 赤木アナは、NKH大阪放送局の「ニュースほっと関西」(月~金曜、午後6時10分)に、今月30日からキャスターとして出演する。

 「大学時代までハープ奏者になろうと思っていた」。子どものころから慶大時代まで、ハープに励んでいた赤木アナは、10年の「第22回ハープコンクール」(アドバンス部門)では5位。熱心にハープを続けていたが「ハーピストとして舞台に立って表現することも、アナウンサーとして声で表現することも近い」として、急きょ方針転換。13年にNHKへ入局し、徳島放送局へ配属された。

 好奇心旺盛な性格から研究熱心で、昨年はサッカーW杯関連番組のキャスターや、「ニュースウオッチ9」にも出演するなど、仕事の幅を広げ、今春改編で夕方の顔に抜てきされた。

 赤木アナは「昔から自分に負けず嫌い。知らないことも多いし、勉強不足な自分に負けたくない。自分に負けないように」と目標を掲げている。

 岡山で生まれ育ち、大阪には初めて赴任。「大阪のことは知らないので、串カツとか宝塚観劇、甲子園にも通って勉強したい」と話していた。
////
赤木野々花 アナ スケッチ00.jpg

赤木アナは岡山県出身(岡山市立京山中学校、岡山県立岡山城東高等学校 Wiki)慶應義塾大学総合政策学部卒業後、2013年入局。で、慶応大学総合政策学部卒。学生時代は日本テレビイベントコンパニオンとして活動した経験を持つ。平成25年に入局。徳島放送局を経て、今回の大阪局勤務となる。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:06| Comment(0) | 赤木野々花アナ、NHK大阪の夕方ニュースの顔に 岡山出身 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。