2015年03月09日

ファジサポーター、一丸で大声援/岡山

ファジサポーター、一丸で大声援/岡山
ファジアーノ サポーター 応援しよう.jpg
////
By the fa supporter and a cluster, big encouragement/Okayama

A heart, it's to J1 in one. This season's first match in soccer J2 FAJIANO Okayama performed for 8 days at a city light stadium in Okayama-shi. Close to 11,000 people who buried a stadium sent big encouragement without a supporter's being cut off, and a volunteer supported a victory with a people working behind, too. I'd like an omen for a team which responds to the expectation and moves in a lively way, white star start. I concentrate the power of the fan with a team and get a ticket to a dream stage by "Okayama cluster".
From the opening front which is noon at an entrance gate, supporters are a long queue. The elementary school 4 year boy of Okayama-shi (10) does face paint and gets many points and wins certainly "", and, it faced a stand by a smiling face.
Last season's home game average number of visitors of FAJIANO is 8404. First last year is broken since J2 entry in 2009, and "challenge 1" aiming at 10,000 people (one) is developing a project this season. The man who invited and visited my friend (63)= the said city Minami-ku= "would like to raise a time of the promotion by the power of the support". 3 year girl student of a university in Kurashiki-shi (21) takes charge of selling a season pass by a volunteer, "Polite, I contribute to the audience number rise by the heart you're entertaining.", I threw all the strength of my body.
FAJIANO which made a challenge of J2 entry into the war for the 7th year start. Nagasawa Tetsu director of Nii commander took command excellently, and the expert DF Iwamasa Taiki and MF Ryo Kaji who have joined an organization this season by a former Japanese representative together showed an existence sense greatly, too. The female of Akaiwa city who gazed at a furious battle (56), "You lead the new fighting power to the height surely. When fighting together until the end, big delight should wait.", it could be filled with hope of.
////
ファジサポーター、一丸で大声援/岡山

心を一つにJ1へ。岡山市のシティライトスタジアムで8日行われたサッカーJ2ファジアーノ岡山の今季初戦。スタジアムを埋め尽くした1万1千人近いサポーターは途切れることなく大声援を送り、ボランティアも裏方で勝利を後押しした。期待に応え躍動したチームは幸先よく白星発進。チームとファンの力を結集し、“岡山一丸”で夢舞台への切符をつかみ取る。
 入場ゲートには正午の開場前からサポーターたちが長蛇の列。岡山市の小学4年男子(10)はフェイスペイントを施し、「たくさん点を取って必ず勝つ」と笑顔でスタンドに向かった。
 ファジアーノの昨季ホームゲーム平均入場者数は8404人。2009年のJ2参入以来初めて前年を割り、今季は1万人を目指す「チャレンジ1(ワン)」プロジェクトを展開中だ。友人を誘って訪れた男性(63)=同市南区=は「応援の力で昇格の機運を高めたい」。倉敷市内の大学の3年女子学生(21)はボランティアでシーズンパスの販売を担当し、「丁寧なおもてなしの心で観客数アップに貢献する」と力を込めた。
 J2参戦7年目の挑戦をスタートさせたファジアーノ。新指揮官の長沢徹監督が見事に采配を振り、ともに元日本代表で今季入団したベテランのDF岩政大樹、MF加地亮も大いに存在感を示した。熱戦に見入った赤磐市の女性(56)は「新戦力はきっと高みに導いてくれる。最後まで一緒に戦えば大きな喜びが待っているはず」と期待を膨らませた。


////
<GO!ファジアーノ>サッカー 岐阜に3-0で快勝 開幕戦、ホームで好スタート /岡山

サッカーJリーグ2部のファジアーノ岡山は8日、ホームのシティライトスタジアム(北区いずみ町、旧kankoスタジアム)で今季開幕戦をFC岐阜と対戦、3-0で快勝した。スタンドに駆け付けた1万人を超えるサポーターの前で、好スタートを切った。

 岡山は前半から岐阜の選手にプレッシャーをかけてボールを奪い、試合を優位に進めた。前半27分、FW片山からゴール前中央に送られたパスをMF田所が左足で合わせて先制ゴールを挙げた。

 後半27分には、途中出場のFW染矢が右サイドを駆け上がってFW押谷へつなぎ、最後は片山が左足で押し込んだ。さらに同33分、染矢がゴール前中央でボールを受けると、右足で豪快なミドルシュートを決めた。元日本代表で新加入したDF岩政とMF加地もフル出場し、安定した守備を見せた。

 今季から指揮を執る岡山の長沢徹監督は「多くのサポーターたちの前で隙(すき)のないサッカーができた。いい一歩を踏み出せた」と話した。次節は15日、アウェーで大分トリニータと対戦する。

………………………………………………………………………………………………………

 ▽Cスタ 観衆10995

岡山 ○3 1-0 0● 岐阜

      2-0

27分・田所(岡)72分・片山(岡)78分・染矢(岡)
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 23:55| Comment(0) | ファジサポーター、一丸で大声援/岡山 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。