2015年03月11日

新幹線40周年 岡山駅で「感謝」

新幹線40周年 岡山駅で「感謝」
ドクターイエロー.jpg

okayama 駅.png

ドクターイエロー 初期.jpg

/////
I "am thankful" for the 40th anniversary of Shinkansen by Okayama station.

Is Sanyo-shinkansen Shin-osaka? 10 days when 40 years were met from the opening of whole lines between Hakata and the board staff of JR West group recorded with "thank you very much, 40th anniversary" on the Shinkansen platform for Hakata district by JR Okayama station were put up and gratitude was handed down to a user.
About 60 station employees, staff of a group company and railroad former meeting members participate. When "light number" (for Hakata) and "No. fresh ears of rice" departing at 39 minutes (for the Kagoshima center) at 8:25am from Okayama entered a home, I put up a board, met, waved the hand at the time of departure and saw off. Fujiwara kikan Okayama stationmaster, "It was achieved with voice from a staff. Stable transportation will be also performed now, and would like to be trusted transportation.", I spoke.
The "commemoration admission ticket" which made an admission ticket of all Sanyo-shinkansen 19 stations a set was sold at the said station, and about 200 people made a line at the time of starting at 9:00am. The female of Okayama-shi (24), "The dignity of the commemoration, so I'd like to keep importantly at a house.", I spoke.
Sale of a commemoration box lunch also started at a stand of station yard, and the "tour box lunch" in which the taste of "inside strait weather" (one thousand yen) and Inland Sea of Seto which used the ingredients made in Okayama-ken abundantly was packed (1050 yen) was put on sale.
A large truck and a train collided with a ceremony by JR Sanyo line crossing in Kurashiki-shi on February 13, and 18 people received and canceled an injured accident.
/////
新幹線40周年 岡山駅で「感謝」

山陽新幹線が新大阪?博多間の全線開業から40年を迎えた10日、JR岡山駅ではJR西日本グループの社員らが博多方面行きの新幹線ホームで「ありがとう40周年」と記したボードを掲げ、利用客に感謝の気持ちを伝えた。
 駅員、グループ会社の社員、鉄道OB会メンバーら約60人が参加。岡山発午前8時25分の「ひかり号」(博多行き)と同39分発の「みずほ号」(鹿児島中央行き)がホームに入ると、ボードを掲げて出迎え、出発時には手を振って見送った。藤原喜幹岡山駅長は「社員からの声で実現した。これからも安定した輸送を行い、信頼される交通機関でありたい」と話した。
 同駅では山陽新幹線全19駅の入場券をセットにした「記念入場券」が発売され、午前9時の開始時には約200人が列をつくった。岡山市の女性(24)は「記念の品なので家で大切に保管したい」と話した。
 駅構内の売店で記念弁当の販売も始まり、岡山県産の食材をふんだんに使った「せとうち日和」(千円)と瀬戸内海の味覚を詰め込んだ「漫遊弁当」(1050円)が売り出された。
 式典は、2月13日に倉敷市のJR山陽線踏切で大型トラックと列車が衝突、18人がけがをした事故を受けて取りやめた。
/////

鹿児島の3偉人が地域の魅力PR

鹿児島市の観光キャラバン隊が10日、岡山市北区柳町の山陽新聞社を訪れ、2018年に迎える明治維新150年に向けて盛り上がる地域の魅力をPRした。
 訪れたのは、西郷隆盛、大久保利通、篤姫といったゆかりの偉人3人に扮(ふん)した「鹿児島市薩摩観光維新隊」メンバーら5人。幕末から明治にかけて活躍した偉人の生誕地が多く、足跡が残る加治屋町エリアをはじめ、日本初の近代工場群跡地にある博物館「尚古集成館」など市内の歴史スポットを紹介。グルメでは、特産品の黒豚や黒牛、今が旬のブリや桜島大根などをアピールした。
 九州新幹線の全線開業により、岡山?鹿児島中央間は最速2時間57分で結ばれており、一行は「岡山?鹿児島間はあっという間。節目に向けて活気づく鹿児島市に、ぜひ足を運んで」と呼び掛けた。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:02| Comment(0) | 新幹線40周年 岡山駅で「感謝」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。