2015年03月11日

震災4年 岡山県内1120人避難 / 田舎暮らしは? 先輩移住者と交流

震災4年 岡山県内1120人避難
////
Earthquake disaster 4 year 1120 person refuge in Okayama-ken

The latest total of the rehabilitation agency (current as of February 12) showed that a refuge in Okayama-ken with an eastern Japan great earthquake also reaches 1120 people via about 4 years from occurrence. 74 people increased in this 1 year, it's minute from August of last year which was a peak (1137 people), decrease. The person who returns to the original residence where rehabilitation is developed is judged as increasing purpose according to a prefecture.
A city will report the refuge who had registration at the desk to rehabilitation agency every month through a prefecture. The refuge total number of the whole country decreases peaking in June, 2012, but little of the accident and the mild climate are estimated, and Okayama becomes most at a prefecture west of the Kinki area from October, 13.
The details of the former address of the refuge are injured according to a prefecture, 3 prefecture (Iwate, Miyagi and Fukushima), to 392 people (35%), others, 728 people (65%). The most part is from Kanto area and independent refuges are pressing a number up.
A refuge place, in 18 municipalities of prefecture and, 635 people in Okayama-shi are most. Kurashiki-shi, Takahashi-shi follows 104 people of 157 people and Soja-shi with 31 people of 41 people and Kasaoka-shi. I say that it's chosen from autonomous body support to a move as well as a living convenience of traffic.
A prefecture predicts "They may turn to sideways crawl or decrease." about a change in future's refuge. We assume that the case by which a refuges of mother and child have financial difficulties and return economically by prolongation of a double life as well as the increase of return with rehabilitation aren't also little.
A prefecture is planning also to continue inquiry counter in the crisis general engineering and facilities division in fiscal year 15. We assume "Cooperation is strengthened with a city and a private support group, and would like to take aid package according to the needs." for the same department.
////
震災4年 岡山県内1120人避難

東日本大震災に伴う岡山県内への避難者は、発生から約4年を経ても1120人に上っていることが、復興庁の最新の集計(2月12日現在)で分かった。この1年で74人増えたが、ピークだった昨年8月(1137人)からは微減。県によると、復興が進む元の居住地に戻る人が増えているためとみられる。
 市町村は窓口で登録があった避難者を、県を通じて復興庁へ毎月報告。全国の避難者総数は2012年6月をピークに減少しているが、岡山は災害の少なさや温暖な気候が評価され、13年10月から近畿以西の府県で最多となっている。
 県によると、避難者の元居住地の内訳は被災3県(岩手、宮城、福島)が392人(35%)に対し、その他が728人(65%)。大半は関東からで、自主避難者らが数字を押し上げている。
 避難先は県内18市町に及び、岡山市の635人が最多。倉敷市157人、総社市104人、高梁市41人、笠岡市31人と続く。交通などの生活利便に加え、移住に対する自治体支援などから選ばれているという。
 県は今後の避難者の推移について「横ばいか、減少に転じるのではないか」と予測。復興に伴う帰郷の増加とともに、母子避難者らが二重生活の長期化で経済的に困窮して帰還するケースも少なくないとしている。
 県は、危機管理課内の相談窓口を15年度も継続する予定。同課は「市町村や民間支援団体と連携を強め、ニーズに応じた支援策を講じたい」としている。
////
田舎暮らしは? 先輩移住者と交流

岡山県吉備中央町の「田舎暮らし体験ツアー」が7日、町内で開かれ、県内をはじめ、大阪府、広島、兵庫、神奈川の各県から参加した8組16人が先輩移住者や地域住民との触れ合いを通じて町の暮らしを体感した。
 参加者は貸し切りバスで移動しながら、空き家や4月の運用開始を目指して整備中のお試し暮らし住宅(同町田土)をじっくりと見学した。ピオーネを栽培する先輩移住者らとの交流会では、就農に当たっての体験談などを聞き、同町新山地区では住民団体「新山七転び会」のメンバーと一緒に餅つき。町内に二つある道の駅(かもがわ円城、かよう)では買い物も楽しんだ。
 東日本大震災以降、移住希望者が増えている岡山県。横浜市から訪れた女性(52)は「吉備中央町は、畑で野菜を育てながら近くで仕事ができる理想に近い環境。住む家などの課題をクリアし、ぜひ移住を実現させたい」と話していた。
 町が企画したツアーは昨年に続き2回目。前回の参加者10組22人のうち、3組6人が町内に移住した。
/////
祈り 震災20年 a.jpg
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 22:55| Comment(0) | 震災4年 岡山県内1120人避難 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。