2015年03月13日

岡山市教委、LINEで教育情報

岡山市教委、LINEで教育情報
桃瀬美咲 スケッチ よ.jpg
////
By Okayama municipal board of education and LINE, educational information

On the 12th, Okayama municipal board of education begins to deliver educational information to elementary and junior high schoolers' guardian and students of teacher wish using free communication applications for smart phone "LINE (line)".
It raises it of interest to education and the interest by utilizing LINE which is widely used rapidly between the child rearing generation and the young people. A prefecture and Nagi-cho are doing information sending using LINE in Okayama-ken according to a municipal board of education, but this is my first visit by School Board.
It's delivered every month on 2nd or 4th Thursday. When "friend" opens an application and reads exclusive QR Code of carrying, and adds it to the municipal board of education home page (HP), it can be used.
A recommended school lunch recipe is delivered from April in addition to the child rearing column I advise on way touching and a story of the experiences of a teacher of the young people with a child. Event information is also delivered at any time.
When I answer from the user's side by the shape that the image character of the educational public relations paper of the municipal board of education "KORABO" "KORABON♪" is speaking to others, history in the city a municipal board of education registered beforehand and 12 kinds of information about a cultural asset are returning at random.
A municipal board of education educational plan general affairs department expects "Much use can trust LINE. When more in-depth information will be the trigger to which obtained HP and a paper public relations section also turn their attention."
////
岡山市教委、LINEで教育情報

岡山市教委は12日、スマートフォン向けの無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使い、小中学生の保護者や教員志望の学生らに教育情報の配信を始める。
 子育て世代や若者の間で急速に普及しているLINEを活用することで、教育への興味や関心をより高めてもらう。市教委によると、岡山県内では県、奈義町などがLINEを使った情報発信をしているが、教委では初めて。
 配信は毎月第2、第4木曜に行う。アプリを開き、市教委ホームページ(HP)に掲載の専用QRコードを読み込んで「友だち」追加すれば利用できる。
 子どもとの接し方などをアドバイスする子育てコラム、若手教員の体験談のほか、4月からはお薦めの給食レシピを届ける。イベント情報も随時配信する。
 市教委の教育広報紙「こらぼ」のイメージキャラクター「こらぼん♪」が話し掛けてくる形で、利用者の側から返信すると、市教委が事前登録した市の歴史や文化財に関する12種類の情報がランダムに返ってくる。
 市教委教育企画総務課は「LINEは多くの利用が見込める。より詳細な情報が得られるHPや広報紙にも目を向けてもらうきっかけになれば」と期待している。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:03| Comment(0) | 岡山市教委、LINEで教育情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。