2015年04月03日

岡山県有権者156万6871人 / 岡山市「アドバイザー制」初導入 児童クラブ

岡山県有権者156万6871人
山崎 アナ スケッチ.jpg
岡山県選管は2日、県議選の有権者数(選挙人名簿登録者数)をまとめた。全19選挙区の総数は156万6871人(男74万4992人、女82万1879人)で、2011年の前回に比べて1万230人減った。
 最多は倉敷市・都窪郡の39万3985人。最少は久米郡の1万7504人。岡山市北区・加賀郡(3655人増)など5選挙区で増えた一方、存続の人口要件を満たさなくなった勝田郡の合区で新たに設けられた津山市・苫田郡・勝田郡(2798人減)など14選挙区で減った。
 議員1人あたりの有権者数を基に選挙区ごとに決まる選挙運動費用制限額は、真庭市・真庭郡が最も高い731万5千円。最低は久米郡の535万2900円。

////
岡山市「アドバイザー制」初導入 児童クラブ


岡山市は、放課後児童クラブで経理スタッフや指導員に助言するアドバイザーを募っている。4月から小学4~6年生が新たに受け入れ対象となった児童クラブの負担軽減を図るため、アドバイザー制度を初めて導入する。
 募集しているのは経理アドバイザー、活動アドバイザーを各2人。「経理」は簿記3級以上の資格を持ち、実務経験が5年以上あることなど、「活動」は保育士か教員の免許があり、実務経験が3年以上といった条件を設けている。ともに市内の全90クラブを巡回し、保護者から集めた利用料金の管理方法を指導したり、高学年の受け入れに不安を抱く指導員にアドバイスしたりする。任期はいずれも5月2日~来年3月31日。月~金曜の週5日勤務する。年齢、性別、学歴は問わない。
 市地域子育て支援課で配っている申込書に記入し、資格証の写しなどと合わせて9日までに提出する。郵送の場合は7日までの消印有効。書類と面接で選考する。問い合わせは同課(086 803 1224)。
////
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。