2015年04月20日

岡山県新庄村 花吹雪舞う「がいせん桜まつり」

岡山県新庄村 花吹雪舞う「がいせん桜まつり」
がいせん桜通り A.jpg
岡山県新庄村で19日、「がいせん桜まつり」(住民有志でつくる実行委主催)が開かれた。花吹雪の舞う旧出雲街道に県内外から約1万2千人が繰り出し、そぞろ歩きやご当地グルメを満喫した。
 宿場町の面影を残す通りには、村民らが特産品を販売する約50の露店がずらり。もち米・ヒメノモチを使った餅、焼きたてのヤマメやイワナなどの香ばしい匂いが漂い、人気を集めた。新庄小児童の傘踊り、よろいに身を包んだ備州岡山城鉄砲隊の演武も披露され、観光客らを沸かせた。
 県内で最も遅くまで桜が見られる名所の一つ。村によると、例年より1週間ほど早い11日に満開を迎え、15日ごろから散り始めた。毎年訪れている真庭市の主婦(60)は「花が散る姿も町並みと合い、風情がある」と話した。
 がいせん桜は1906(明治39)年、日露戦争勝利を記念してソメイヨシノ137本が植えられ、枯死や植樹を経て現在133本が並ぶ。まつりは毎年開かれ31回目。
////
花吹雪舞う「がいせん桜まつり」 岡山県新庄村
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:03| Comment(0) | 岡山県新庄村 花吹雪舞う「がいせん桜まつり」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。