2015年05月31日

ふるさと納税の返礼品拡充 岡山市 マスカットや白桃など40品目に

ふるさと納税の返礼品拡充 岡山市 マスカットや白桃など40品目に
マスカット 天満屋.jpg
 岡山市は「ふるさと納税」の寄付者への返礼品を今年度から、30品目から40品目に拡充する。マスカットや白桃などの岡山を代表する“旬の果物”が選べるようになった。

 市税制課によると、同市は昨年度から「ふるさと納税」の返礼品を導入。申し込み件数は返礼品のなかった平成25年度の69倍となる1441件に急増した。寄付額も27倍の3524万円に上った。

 同市のふるさと納税の返礼品は、第1弾の送付が始まったのが昨年12月で、特産のモモなどは旬を過ぎており、カタログに載せることができなかった。

 拡充する返礼品は、寄付額が1万円以上3万円未満の場合と3万円以上の場合の2コースで、それぞれ5品目増やした。3万円以上のコースでは高級モモ「清水白桃」(5玉約1・3キロ)や「シャインマスカット」(1房約800グラム)、白桃とマスカットの詰め合わせなどが追加された。

 同課では「特産品のフルーツを追加できたので、全国各地の人たちに興味をもってもらい、より多くの寄付が期待できる」と話している。
/////
岡山市、ふるさと納税の返礼品拡充 マスカットや白桃など40品目に
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 06:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

岡山 体育祭の最中に「つむじ風」

岡山 体育祭の最中に「つむじ風」
つむじ風.jpg
( つむじ風 スケッチ イメージ )
29日午前10時半ごろ、倉敷市二子、清心中・清心女子高のグラウンドで、つむじ風とみられる突風が発生した。グラウンドでは中高合同の体育祭が行われていたが、生徒約750人や保護者らにけがはなかった。
 居合わせた教員や保護者によると、突風はグラウンドのほぼ中心で発生。砂ぼこりとともに高さ約10メートルの渦を巻き、西へ約100メートル移動してから消滅した。
 当時は全中学生による長縄競技が始まる直前。突風は、グラウンドにあったテント約20張りからそれて移動し、生徒も巻き込まれなかったため被害はなく、予定通り競技に入ったという。
 中学2年の長女が通う女性(49)=岡山市北区=は「あれほど大きな突風を間近で見たのは初めて」と驚いていた。
 岡山地方気象台は、突風をつむじ風と推定。強い日射や空気の乾燥によって起きやすいとしている。
////
体育祭の最中に「つむじ風」 岡山
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 06:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

岡山・勝央町で「角力大会」 珍しい四角の土俵で児童らハッケヨイ

岡山・勝央町で「角力大会」 珍しい四角の土俵で児童らハッケヨイ
水遊び.jpg
全国的にも珍しい四角い土俵が残る勝央町立勝央北小学校(同町植月中)で29日、「角力(すもう)大会」が行われ、児童らが熱い戦いを繰り広げた。

 同校によると、四角い土俵は約500年前の室町時代、地元の神社に作られたのが起源で、「奉納相撲」が継承されていた。土俵は昭和62年には同校の前身である植月小学校隣地に移されていたが、道路改良工事に伴い、平成12年に現在の場所に移転したという。

 大会では全校児童224人が紅白に分かれて、学年別に対戦。自分で考えたしこ名とまわし姿の豆力士に保護者や地域の人から大きな声援が送られた。

 5年生の片山輪君(11)は「相手も勢いがあったが、一生懸命ねばったら勝った。四角い土俵は押し出されにくいと思う」と汗をふきながら笑顔を見せていた。

 江戸中期までは全国的に丸い土俵と並行して、四角い土俵が使われてきたとされる。この日のために同校は体育の授業に相撲を取り入れ、練習を重ねてきた。
////
珍しい四角の土俵で児童らハッケヨイ 岡山・勝央町で「角力大会」
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 06:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。