2014年05月12日

岡山県に新しい天文台を建てる計画? どうなる? 寄付を呼びかけ  (京都大学のジレンマ)

岡山県に新しい天文台を建てる計画? どうなる?

以下の記事

It is the plan? Build a new observatory in Okayama Prefecture?

The following article
//////
Or protect , the Holy Land financial difficulties of amateur astronomy , Kyoto University solicit donations

Is in danger of survival Hanayama of Kyoto comes in Kyoto Higashiyama and ( Kazan ) Observatory ( Yamashina -ku, Kyoto ) . It is a pioneer center for astronomy Japanese proud of the history of the '85 , but there are plans to build a new observatory in Okayama Prefecture , It is because it is not going to be turning the funds . Dependable , also referred to as " sacred place of amateur astronomy " training observations and the Board of the prosperous " popular " , Kyoto University began calling for donations from citizens .

Hanayama Observatory was founded in 1929 on top of a mountain 800 meters Higashiyaku of Kiyomizu Temple World Heritage , 221 meters above sea level . It contains a refracting telescope of 18 centimeters and 45 centimeters in diameter in the dome of the two buildings , it has been successful worldwide in the observation , such as the moon and Mars . But , Kazunari Shibata Professor of 9 Daidai-cho speak as " may close within a few years it stands ."

After the war , observation environment is worsening due to the effect of air pollution and ambient light . Center of research at Kyoto University has shifted flying ? Observatory founded in '68 ( Gifu) . State-of-the-art telescope of 3.8 m scheduled for completion in plans to set up holding a new dome in Okayama Prefecture clear sky high rate during the current fiscal year . However , competition for research funding is intense , construction funds of new dome also not been able to Kumen yet . Maintenance of facilities completed the role of advanced research to say " can not handle all the work so " .
//////
守れるか、アマ天文学の聖地 資金難、京大が寄付募る

京都・東山にある京都大付属の花山(かざん)天文台(京都市山科区)が存続の危機にある。85年の歴史を誇る日本の天文学の草分け的拠点だが、岡山県に新しい天文台を建てる計画があり、資金をまわせなくなりそうだからだ。観測会や実習が盛んで「アマチュア天文学の聖地」とも呼ばれる「人気」を頼りに、京大は市民からの寄付を呼びかけ始めた。

 花山天文台は世界遺産の清水寺の東約800メートル、標高221メートルの山頂に1929年に設立。2棟のドームに直径45センチと18センチの屈折望遠鏡を収め、月や火星などの観測で世界的な成果をあげてきた。だが、9代台長の柴田一成教授は「今のままでは数年以内に閉鎖するかもしれない」と話す。

 戦後、周辺の光や大気汚染の影響で観測環境が悪化。京大の研究の中心は68年設立の飛?天文台(岐阜県)に移った。今年度中に完成予定の3・8メートルの新鋭望遠鏡は晴天率の高い岡山県に新たなドームを構えて設置する計画だ。しかし、研究費の獲得競争は激しく、新ドームの建設資金もまだ工面できていない。先端研究の役割を終えた施設の維持まで「とても手が回らない」と言う。

//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:05| Comment(0) | 岡山県に新しい天文台を建てる計画?寄付を呼びかけ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。