2014年05月21日

山田養蜂場が「ヒト試験で、生活習慣病を予防する効果あり」「痛風の発症が予防」と発表

岡山 山田養蜂場が「ヒト試験で、生活習慣病を予防する効果あり」「痛風の発症が予防」と発表

//////
Do you know " Merinjo derived from resveratrol ?" Yamadayohojo announced " in human studies , it has the effect of preventing lifestyle-related diseases " and

In gymnosperms dioecious belonging to the family Gunetsumu native of Indonesia , is Merinjo 's trees to be conical there is something in height to grow to nearly 22m .

The representation academic , scientific name : Gnetum gnemon Linn. Online Catalog Yumidzurunoki . Mon : seed plant . Fukumon : gymnosperms . Rope : Gnetinae. Eyes : Gnetales. Family : Gnetaceae. Genus : Gnetum. I will be (melinjo) Gnetum gnemon: seed .

December May to July , from October , that is harvest time of Merinjo fruit twice a year, in spring and autumn . Tree of Merinjo lush green , and dyed red and yellow , to orange fruit begins to ripen . It is also common as street trees , such as Java and Kalimantan Island . In Java , planted in the garden trees Merinjo When you build a home traditionally , it has been used as food .

Chips called Unpin made ​​from the seeds of Merinjo enough peanut slightly bigger , but food which is indispensable to the table of Indonesia . It has been found recently that the nutritious seeds of Merinjo , protein and carbohydrate -rich , and contains a lot of ( resveratrol ) polyphenols with antioxidant and antibacterial action .

Its contents and to say , the species Merinjo , polyphenols in the spotlight in red wine called resveratrol acids are rich . Dimer of resveratrol " Gunechin C" is often particularly . Dimer and this resveratrol , I referred to as a " Merinjo derived from resveratrol " the whole of polyphenols " Gunemonoshido A " and " D Gunemonoshido " the glycoside .

Article " to promote the health of high-calorie diet , resveratrol , to extend the life " and was published in the science journal " Nature " in 2006 . Since then , resveratrol , which is a type of polyphenol contained in red wine attention , is in the polyphenols of grapes , including wine factors ( things French that drink too much red wine is that it is healthy surprisingly ) French paradox it was decided that for that is generally known.

The " Merinjo derived from resveratrol " , it has a strong antioxidant power as well as resveratrol contained in grapes , including arteriosclerosis prevention action , and should be useful also in the prevention of adult diseases anti-cancer , and Alzheimer's disease it is , research had been conducted from the point of view of preventive medicine .

This time , famous Shirasawa Takuji " 101 ways without blurring up to 100 years ( Bungeishunju ) " and books in the famous Yamadayohojo NTV and " Sekaiichiuketaijugyou " Bees in products such as honey , headquartered in Okayama , Juntendo University graduate School of Medicine , Professor with the cooperation , conduct human tests of " Merinjo from resveratrol " , was the first time in the world to clear its effectiveness .

When referred to in the conclusion plainly , " to lower blood uric acid levels , Merinjo derived from resveratrol increase the good cholesterol (HDL) " is called for .

In human studies , if you drink only resveratrol to be included in such as " grape , and but . Not obtained results that uric acid level is lowered , and the dimer ( resveratrol , resveratrol , the Merinjo derived from resveratrol in the case where it is taking ) including glycoside Gunemonoshido a, Gunemonoshido D, and Gunechin such as C, and that " decreased 0.5 points or more in as little as 8 weeks .

As a result , by the " Merinjo derived from resveratrol intake " , which leads to the prevention of diabetes and renal failure onset of gout is preventable , high uric acid levels will bring , of lifestyle-related diseases such as atherosclerotic disease from among the healthy healthy subjects that .

Focusing early on utility as a health food Merinjo , Yamadayohojo Helps farmers in cooperation with Indonesia Merinjo Association . I've done a few years ago to provide information and Promotion of Merinjo . International cooperation beyond the sea extends over range as well as cultivation support , and environmental protection .

//////
「メリンジョ由来レスベラトロール」って知ってますか? 山田養蜂場が「ヒト試験で、生活習慣病を予防する効果あり」と発表

メリンジョは、インドネシア原産のグネツム科に属する雌雄異株の裸子植物で、高さが22m近くまで成長するものがある円錐形をした樹木だ。

 アカデミックな表現では、学名:Gnetum gnemon Linn。和名:ユミヅルノキ。門:種子植物。副門:裸子植物。綱:Gnetinae。目:Gnetales。科:Gnetaceae。属:Gnetum。種:Gnetum gnemon(melinjo)となる。

 メリンジョ果実の収穫時期は5月から7月、10月から12月、つまり春と秋の年2回。緑色に茂るメリンジョの木は、実が熟し始めると赤や黄色、オレンジ色に染まるという。ジャワ島やカリマンタン島などでは街路樹としても一般的だ。ジャワ島では、伝統的に自宅を建てるとメリンジョの木を庭に植え、食料として利用してきた。

 大きめのピーナッツほどのメリンジョの種から作るウンピンと呼ばれるチップスは、インドネシアの食卓に欠かせない食品だ。メリンジョの種は栄養価が高く、炭水化物やタンパク質が豊富で、抗酸化・抗菌作用のあるポリフェノール(レスベラトロール)を多く含んでいることが最近わかってきた。

 その内容はと言うと、メリンジョの種には、レスベラトロール類という赤ワインで脚光を浴びたポリフェノールが豊富に含まれている。とくにレスベラトロールの二量体「グネチンC」が多い。このレスベラトロール二量体と、その配糖体「グネモノシドA」「グネモノシドD」などのポリフェノール類の総体を「メリンジョ由来レスベラトロール」と呼ぶ。

 2006年に科学誌『ネイチャー』に「レスベラトロールは、高カロリー食群の健康を増進させ、寿命を延長させる」という記事が掲載された。それ以来、赤ワインに含まれるポリフェノールの一種であるレスベラトロールが注目を集め、フレンチ・パラドックス(赤ワインを飲み過ぎるフランス人が意外にも健康だというコト)の要因がワインに含むブドウのポリフェノールにあるというのが一般的に知られることとなった。

 「メリンジョ由来レスベラトロール」は、ブドウに含まれるレスベラトロールと同様に強い抗酸化力を持ち、動脈硬化防止作用をはじめ、抗ガン、アルツハイマー病や成人病の予防にも有用性があるとされ、予防医学の視点からも研究が進められていた。

 今回、岡山に本社を置く蜂蜜などのミツバチ産品で有名な山田養蜂場と日本テレビ「世界一受けたい授業」や書籍「100歳までボケない101の方法(文藝春秋)」などで有名な白澤卓二・順天堂大学大学院医学研究科・教授が協力して、「メリンジョ由来レスベラトロール」のヒト試験を実施し、その有効性を世界で初めて明らかにした。

 結論を端的に記すと、「メリンジョ由来レスベラトロールは血中尿酸値を低下させ、善玉コレステロール(HDL)を増加させる」というのである。

 ヒト試験では、「ブドウなどに内包するレスベラトロールだけを飲用した場合、尿酸値が下がる実績は得られない。が、メリンジョ由来レスベラトロール(レスベラトロール、レスベラトロール二量体と、その配糖体グネモノシドA、グネモノシドD、グネチンCなどを含む)を服用した場合には、8週ほどで0.5ポイント以上低下させた」という。

 この結果、健康な健常者のうちから「メリンジョ由来レスベラトロール摂取」によって、痛風の発症が予防でき、高い尿酸値がもたらす腎障害や糖尿病、動脈硬化性疾患など生活習慣病の予防にも繋がるという。

 山田養蜂場は、メリンジョの健康食品としての効用に早くから着目し、インドネシア・メリンジョ協会と連携し生産農家を支援。メリンジョの普及推進と情報提供を数年前から行なってきた。この海を超えた国際協力は栽培支援だけでなく、環境保全など多岐に及んでいる。
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:44| Comment(0) | 岡山  山田養蜂場  | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。