2014年05月23日

来年の「おかやまマラソン」 県警が「待った」 イオン周辺の渋滞懸念

来年の「おかやまマラソン」 県警が「待った」 イオン周辺の渋滞懸念
//////
Congestion concerns of next year " Okayama marathon " prefectural police " waited " of the ions around


Citizen participation type full Marathon to be held November 8 next year for the " Okayama marathon " will be closed to traffic for a long time national road No. 30 and JR Okayama station that congestion is expected to open large-scale commercial facilities Police in Okayama City you have questioned the course setting . Reluctant " problem of ensuring safety is very large ," said I have requested a review course in the Preparatory Committee to make stakeholders prefecture , and Okayama .

Prospective participant is a 10 005 thousand people , the marathon becomes a citizen participatory full marathon of the largest in the Chugoku region . Course setting reciprocating to the start finish line Kanko Stadium ( city north district ) . The southward from the city hall station before muscle through the Momotaro avenue , is folded back in the reclaimed land of the city , Minami-ku, the National Highway No. 30 , the forward path to the north Asahikawa cherry road on the opposite shore of the Okayama Korakuen return .

However , on a highway that large-scale commercial facility to open in November this year , " Aeon Mall Okayama " ( city Kita-ku ) is facing , traffic there are many city hall muscle . The overlap in the opening time is 10:00 am runner before and after it passes through the same store before , police to " to suspension of traffic regulation 's inappropriate " he said.

In addition, in order to round trip the National Highway No. 30 ( Minami-ku, Okayama ) , full road closures of about 5 hours is required , the police questioned this point is about 20 km of the middle . 10 005 thousand of running the ion before the road a " serious congestion is expected . National highway No. 30 issue . Course blocks the traffic ( detour ) path is small detour , forcing a significant burden on local residents you have should be re- examined with a view to change " and ( police traffic Regulation Division ) .

In contrast, the preparation committee secretariat negative " If you change the centerpiece . Ions before the tournament and will capture the course and Momotaro boulevard with no opportunity for the general runner is running normally , and the impact of the tram is large" and . You are puzzled , " It has to simulate the effect is small compared to other roads , is not considered a suitable route , even as change " and also for the national road No. 30 .

For runners to participate , the marathon is set scheduled for 7 hours time limit . Road closures and traffic control will be essential in all parts of the city . Police chief to issue the permission to use the road course .

Ahead the opening of November this year of " Aeon Mall Okayama " , according to the traffic forecast study police went , " It's to eliminate fundamentally difficult " and for the congestion that is expected to Saturdays, Sundays, and holidays in the surrounding roads such as city hall muscle . You have " trouble comes out to passage of emergency vehicles and logistics , impact is a concern to civil life " he said.



■ " drastic resolved difficult "

Private car use is calculated to be about 28% of visitors per day is about 70,000 people , and has in place the parking lot of 2500 cars to stores in traffic volume prediction of this shop . But , according to the original questionnaire police went in January this year , 73 percent of respondents want the " will use the private car " , the difference of more than double came out . When the ion mall has opened its affiliations shop Saitama , and Chiba Prefecture , there was a traffic volume amounting to about three times the expected .

It was also a result private car use would be 50.6% in a survey of Okayama Economic Research Institute of the private sector.
//////
来年の「おかやまマラソン」 県警が「待った」 イオン周辺の渋滞懸念


 岡山市内で来年11月8日開催予定の市民参加型フルマラソン大会「おかやまマラソン」について、県警が大型商業施設のオープンで渋滞が予想されるJR岡山駅前や国道30号を長時間通行止めにするコース設定を問題視している。「安全確保上の問題がきわめて大きい」と難色を示し、県、岡山市など関係者でつくる準備委員会にコース再検討を要望している。

 同マラソンは参加予定者は1万5千人と、中国地方で最大規模の市民参加型フルマラソン大会となる。コース設定はカンコースタジアム(同市北区)をスタート・ゴール地点にする往復型。往路は桃太郎大通りを経て駅前から市役所筋を南下し、国道30号を同市南区の干拓地で折り返し、復路は岡山後楽園の対岸の旭川さくら道を北上する。

 しかし、市役所筋は今年11月にオープンする大型商業施設「イオンモール岡山」(同市北区)が面する幹線道路で、交通量も多い。ランナーが同店前を通過する午前10時前後は開店時間に重なり、県警は「通行止め規制するのは不適当だ」とする。

 また、中盤の約20キロは国道30号(岡山市南区)を往復するため、約5時間の全面通行止めが必要とされ、県警はこの点も問題視。「深刻な渋滞が想定されているイオン前道路に1万5千人が走るのは問題。国道30号は迂回(うかい)路も少なく交通を遮断し、地域住民に多大な負担を強いる。コース変更を視野に入れて検討しなおすべきだ」(県警交通規制課)としている。

 これに対し、準備委事務局は「一般ランナーがふだん走る機会のない桃太郎大通りなどをコースに取り込むのが大会の目玉。イオン前を変更すると、路面電車への影響などが大きい」と否定的。国道30号についても「他の道路に比べて影響が少ないとシミュレーションしており、変更するとしても適当なルートが考えられない」と困惑している。

 同マラソンは市民ランナーが参加するため、制限時間は7時間に設定予定。市内各地で交通規制や通行止めが不可欠になる。コースの道路使用許可は警察署長が出す。

 今年11月の「イオンモール岡山」のオープンを控え、県警が行った交通予測調査によると、市役所筋など周辺道路で土日・休日に予想される渋滞について「抜本的に解消するのは困難」という。「物流や緊急車両の通行にも支障が出て、市民生活にも影響が懸念される」としている。

 ◇

 ■「抜本的解消は困難」

 同店の交通量予測では1日の来客者数は約7万人でマイカー利用は約28%と算出し、店舗に2500台分の駐車場を整備している。だが、県警が今年1月に行った独自アンケートによると、回答者の73%が「自家用車を使うだろう」とし、倍以上の差が出た。イオンモールが埼玉、千葉県などに系列店を開店した際、想定の約3倍にのぼる交通量があったという。

 また、民間の岡山経済研究所の調査でもマイカー利用が50・6%という結果だった。

 県警は「車の入店に伴う周辺道路の右折やUターンを禁止するなど新たな交通規制を実施し、さらに交通総量の抑制策を打ち出す」としている。
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:00| Comment(0) | 来年の「おかやまマラソン」 県警が「待った」? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。