2014年06月01日

「山陽新聞デジタル」スタート

「山陽新聞デジタル」スタート
/////
" Sanyo digital newspaper " Start


The 1st , San'yoshinbunsha was launched members-only electronic version that targets this newspaper subscriber " Sanyo digital newspaper " the ( nickname , Mr. digital ) . Quickly the news at home and abroad , including the Okayama area using a PC , smartphone , tablet terminal , we are full of features that convey various perspectives .
135 anniversary of the first issue San'yoshinbunsha . Key features include a searchable database of Sanyo Shimbun year's worth of articles ▽ past paper surface viewer that can be read in the layout as it is the paper that all regional edition and morning leading the plane of one week , Okayama citizen version , and Kurashiki , Soja -speaking version ▽ My page used to view the article in the genre of choice ▽ breaking mail to choose from breaking news , weather information and warning , railway delay information , you can save the article to be worried about - such as . I can use the browser of your phone in the ( browser ) .
News of the Okayama area , doubled compared news site so far as " Sanyo newspaper WEBNEWS " . " Digital feature -san" that incorporates information to enrich the lives of more in Okayama , took up the topic and local political and economic information , such as " Okayama business community " , media reporters will provide an electronic version of its own article .
If it is morning or evening paper subscriber set Sanyo morning newspaper , " Member, digital " can be registered in ( including tax ¥ 378 per month in credit card transaction) you can use all the services of the electronic version . In ( Your email address ) ID that you have registered , can be utilized in a plurality of terminals . How to use and can also be - utilized in the family member or electronic version , newspaper , and on the go at home .
Registration is being accepted from the screen of " Sanyo digital newspaper " . I started a trial campaign that can be used free of charge until the end of August if registration .
I have prepared plans for those who subscribe to home delivery of Sanyo morning newspaper can not be in this newspaper issue outside the area as well ( including tax ¥ 3,780 per month ) . Please see the information page of " Sanyo digital newspaper " for details .
You can read by anyone for free members only non-article .
Contact us , ( to 5:00 pm 086-803-8176 , 10 am ) Desi 's support desk .
/////
「山陽新聞デジタル」スタート


山陽新聞社は1日、本紙購読者を対象とした会員制電子版「山陽新聞デジタル」(愛称・さんデジ)をスタートさせました。パソコン、スマートフォン、タブレット端末を使って岡山エリアをはじめ国内外のニュースをいち早く、多角的に伝える機能を満載しています。
 山陽新聞社の創刊135周年記念事業。主な機能は、1週間分の朝刊主要紙面や、岡山市民版、倉敷・総社圏版など全地域版が紙面そのままのレイアウトで読める紙面ビューアー▽過去1年分の山陽新聞掲載記事を検索できるデータベース▽ニュース速報、気象情報・警報、鉄道遅延情報の中から選べる速報メール▽好みのジャンルの記事を表示したり、気になる記事を保存できるマイページ—など。お使いの端末のブラウザー(閲覧ソフト)で利用できます。
 岡山エリアのニュースは、これまでのニュースサイト「山陽新聞WEBNEWS」と比べ倍増。岡山での暮らしをもっと充実させる情報を盛り込んだ「さんデジ特集」、地元政治経済情報や話題を取り上げた「おかやま財界」など、メディア担当記者が電子版独自記事を提供します。
 山陽新聞朝夕刊セットまたは朝刊購読者なら、電子版の全サービスを使える「さんデジ会員」(クレジットカード決済で月額税込み378円)に登録できます。登録したID(お使いのメールアドレス)で、複数の端末での利用が可能。家庭では新聞、外出先では電子版、または同居の家族で利用する—といった使い方もできます。
 会員登録は、「山陽新聞デジタル」の画面から受け付け中。登録すれば8月末まで無料で使えるお試しキャンペーンを始めました。
 本紙発行エリア外で山陽新聞朝刊の宅配購読ができない方のためのプラン(月額税込み3780円)も用意しました。詳しくは「山陽新聞デジタル」の案内ページをご覧ください。
 会員限定記事以外はだれでも無料で読むことができます。
 お問い合わせは、さんデジサポートデスク(086—803—8176、午前10時~午後5時)。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 12:47| Comment(0) | 「山陽新聞デジタル」スタート | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。