2014年06月20日

サッカーの話題 (グローバルとグローカル)岡山県内も日本ドローにため息・初の「瀬戸大橋ダービー」PR・『妖怪ウォッチ』

サッカーの話題 (グローバルとグローカル)岡山県内も日本ドローにため息・初の「瀬戸大橋ダービー」PR・『妖怪ウォッチ』

///////
Because of the specter is dank rainy season?

Children of football lovers in the neighborhood says. "Japan is representative not win, blame? Specter of" that it is.



"Yokai Watch"
"Yokai Watch" is a concept of "the work of ghost all strange what goes on in the world."

"Yokai Watch" The (dissolved watch), for exclusive use of Nintendo 3DS game software was released on July 11, 2013 from level five.
Media tie-up is made of Shogakukan and "Monthly comic flop" and "Chao" mainly, it is also responsible for the series of Komikaraizu version of both. TV anime version is also being broadcast, it has become a popular anime, which records a 5.4% average household audience share.
Specter medal of toys on the market, the epidemic around the elementary school, it became popular to the extent that goods become scarce, it also became a social phenomenon.
The popularity of ghost Watch holds the promise could even does not know the place to stay, spread to the world not only in Japan only.
 It means that I met Whisper, to experience the mysterious specter world that I had it in my hand the specter watch.

Okayama related
The "ghost watch" boom buzzword of this year Okayama valve "Mon-ge" is? !

By all means, in Colombia, I want you to win. (So as not to be blamed on monsters ...)
///////
ジメジメ梅雨は妖怪のせい!?

近所のサッカー好きの子供がいう。「日本代表が勝てないのは、妖怪のせい!?」だという。




『妖怪ウォッチ』
『妖怪ウォッチ』は、「この世の不思議な出来事はすべて妖怪の仕業」というコンセプトである。

『妖怪ウォッチ』(ようかいウォッチ)は、レベルファイブから2013年7月11日に発売されたニンテンドー3DS専用ゲームソフト。
メディアタイアップは主に小学館の『月刊コロコロコミック』と『ちゃお』により行われ、共にコミカライズ版の連載も担当している。テレビアニメ版も放送され、平均世帯視聴率5.4%を記録した人気アニメとなっている。
玩具の妖怪メダルが発売され、小学生を中心に流行し、品薄になる程の人気商品となり、社会現象にもなった。
妖怪ウォッチの人気はとどまるところを知らず、日本だけにとどまらず世界に広まる可能性すら秘めている。
ウィスパーと出会い、妖怪ウォッチを手にした事で不思議な妖怪ワールドを体験することになる。

岡山関連
「妖怪ウォッチ」ブームで岡山弁「もんげー」が今年の流行語に?!


ぜひ、コロンビアには、勝って欲しい。(妖怪のせいにされないように・・・)
///////
20日のギリシャ戦 岡山県内も日本ドローにため息 /初の「瀬戸大橋ダービー」PR
///////
Okayama prefecture in Japan also sigh draw
To the primary breakthrough league football World Cup (W Cup) Brazilian tournament, against Greece in the 20th expectations of victory is applied to the Japan representative. At the venue of the prefecture MF Aoyama Toshihiro player was representative entering for the first time as Okayama Prefecture's alma mater, Sakuhi high (28) and (Tsuyama Yaide), watch the event was held, supporters from a large number of juniors and is desperate I cheered. However, a draw result. Sigh leaks, disappointment spread.


In Sakuhi high, 700 people from a total faculty and students sent a cheer from the hot gymnasium. The students call to Japan before the big screen from the gym before kick-off of 7:00. Loud cheers went up as "Ike" every time that Japan Semekomu early on. Wishing the participation of players Aoyama, was sang fight songs of J1 Hiroshima belongs in the half-time.
Was closing in on goal again and again also the second half, but the shot of Uchida Atsuto players and Yoshito Okubo player is out, sigh leak, also the figure of students who suffer from head. While there is no chance to play in Aoyama player, I was a goalless draw. Colombia following game. "What next asked to participate in the Aoyama player, I want you to win absolutely" one year male (15). Said, "I want you to do that (in Aoyama players). That I want you to fight like Japan in the team united and out, regardless of the not come out, it is possible for the team" [47] Nomura Masayuki director of soccer were.
The sports bar in Okayama city north district Saiwaicho, uniform in appearance, about 400 people were subjected to, such as paint on the face of the Japanese flag gathered. On the screen of 100 inches, I repeated the hot Japanese call.
And give a glimpse of the high expectations and some people rushed in attendance before, but how I was extremely disappointed to see uniformly in the results. The "because there is a desire to. Knockout stages a real shame not completely win, no choice but to win the Colombian war" (20) Men Kurashiki, Kawasaki Medical Fukushidai two years you cheer wearing the uniform of Japan representative and four friends . Wake-cho, Okayama Prefecture, had said, "It was a little more to the goal, but I was impressed by the players who fought to the end," said (23) Employee woman visited at rest.
Also, since the game started overlaps with the commuting time zone, or towards the company by train early, people who watch a smartphone also was observed in Okayama Station.
///////
岡山県内も日本ドローにため息
サッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会の1次リーグ突破へ、日本代表に勝利の期待がかかった20日のギリシャ戦。岡山県出身者として初めて代表入りしたMF青山敏弘選手(28)の母校・作陽高(津山市八出)など、観戦イベントが開かれた県内の会場では、後輩や大勢のサポーターらが必死の声援を送った。しかし、結果は引き分け。ため息が漏れ、落胆が広がった。


作陽高では、生徒や教職員ら総勢700人が体育館から熱い声援を送った。午前7時のキックオフ前から生徒たちは体育館の大型スクリーンを前にニッポンコール。序盤から日本が攻め込むたびに「行けー」と大きな歓声が上がった。ハーフタイムでは青山選手の出場を願い、所属先のJ1広島の応援歌を合唱した。
 後半も再三ゴールに迫ったが、大久保嘉人選手や内田篤人選手らのシュートが外れると、ため息が漏れ、頭を抱える生徒の姿も。青山選手の出場機会もないまま、スコアレスドローに終わった。次はコロンビア戦。「次こそ青山選手に出場してもらい、絶対に勝ってほしい」と1年男子(15)。サッカー部の野村雅之監督(47)は「チーム一丸で日本らしい戦いをしてもらいたい。(青山選手には)出る、出ないにかかわらず、チームのためにできることをやってもらいたい」と話した。
 岡山市北区幸町のスポーツバーには、ユニホーム姿で、顔に日の丸のペイントを施すなどした約400人が集結。100インチのスクリーンに、熱いニッポンコールを繰り返した。
 出社前に駆け付けた人もいるなど期待の高さをうかがわせたが、結果には一様にがっくりした様子。友人4人と日本代表のユニホームを着て応援した倉敷市、川崎医療福祉大2年男性(20)は「勝ちきれなくて本当に残念。決勝トーナメント進出に望みがあるので、コロンビア戦は勝つしかない」。休みで訪れた岡山県和気町、会社員女性(23)は「ゴールまであと少しだったけれど、最後まで戦った選手たちに感動した」と話していた。
 また、試合開始が通勤・通学時間帯と重なったため、早めの列車で会社へ向かったり、岡山駅周辺ではスマートフォンで観戦する人も見られた。
///////
First "Seto Ohashi Derby" PR

In an attempt to heap up will be the first football J2 "Seto Derby", (5 day, Kanko Stadium July) Fajiano Okayama versus Kamatamare Sanuki game, the 20th, Fajiano Okayama medium fishing ads that PR game to train in the JR I started posting.
On this day, workers boarded (47 minute arrival 8:00 am) Marinraina No. 12 of Setoohashisen they arrived at the Okayama station, was hanging posters and writing in large letters or "VS Okayama Kagawa". Posting one by one to a total of about 350 vehicles that work sequentially, running all 11 lines of JR West Okayama branch pipe.
In derby, battle heated at position 21 Sanuki there while increasing the tone while J2 and his first Fajiano of fifth in 10 races without losing current is expected. Masahiro Ogawa headquarters length of Fajiano is said, "I want to boost the players in the stadium. Packed historical battle of prefectures, which led in the Seto Ohashi Bridge".
Etc. to organize a support tour with Shinkansen, Okayama branch cheer Fajiano. It plans to tour by special train in Sanuki game away is Marugame Stadium Marugame on August 31, you are going to "want to buy part in heaping up of inter-regional exchange."
///////
初の「瀬戸大橋ダービー」PR

サッカーJ2で初めてとなる「瀬戸大橋ダービー」、ファジアーノ岡山対カマタマーレ讃岐戦(7月5日・カンコースタジアム)を盛り上げようと、ファジアーノ岡山は20日、JRの列車内に試合をPRする中づり広告の掲示を始めた。
 この日は、岡山駅に到着した瀬戸大橋線のマリンライナー12号(午前8時47分着)に作業員が乗り込み、「岡山VS香川」などと大書したポスターをつり下げた。順次作業し、JR西日本岡山支社管内の全11路線を走る計約350車両に1枚ずつ掲示する。
 ダービーマッチでは、現在10戦負けなしで5位のファジアーノとJ2初参戦ながら調子を上げつつある21位讃岐の白熱した戦いが期待される。ファジアーノの小川雅洋統括本部長は「瀬戸大橋でつながった両県の歴史的な戦い。満員のスタジアムで選手を後押ししてほしい」と話した。
 岡山支社は新幹線を使った応援ツアーを企画するなど、ファジアーノを応援。8月31日に丸亀市の丸亀競技場であるアウェーの讃岐戦でも臨時列車によるツアーを計画しており、「地域間交流の盛り上げに一役買いたい」としている。
///////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。