2014年06月24日

本能寺の変に新資料 林原美術館(岡山市北区) 歴史的な発見!

本能寺の変に新資料 林原美術館(岡山市北区) 歴史的な発見!


本能寺の変に新資料 光秀側に長宗我部“嘆願” 「四国攻め回避」説を補強
//////
Reinforcement Chosokabe "plea" to "Shikoku Trombone avoidance" theory to new material Mitsuhide funny side of Hon'noji

Akechi Mitsuhide was struck Oda Nobunaga of the lord for "Honnoji Incident", "(stone pond) Ishitani house document" in that (Okayama city north district) to holdings Hayashibara Museum of Tosa (breast Gabb Motochika length (butterfly the 23rd, that there was a letter that distress in Shikoku Trombone YoChika) is addressed to the confidant of Mitsuhide also Sokabe revealed.

Theories factors of strange, but it's likely to call a big controversy as historical records that indicate the possibility of the uprising for Mitsuhide you have respected the relationship between Chosokabe to avoid the Shikoku Trombone.

Ishitani house documents, 47 copies of Volume 3, which is constituted by a letter of father and son (when more) military commander, Ishitani Mitsumasa-Yoriyukitatsu Mino Countries (Gifu), with a focus on Tensho year. Joint research Okayama Prefectural Museum and the museum of (Okayama city north district), the original parent was addressed entourage of Mitsuhide, Saito Toshimitsu (Toshimitsu) 21 date in May 1582 just before the Honnoji Incident letter is found.

Motochika at the time of developing a unified Shikoku. But Nobunaga converted the friendly relations of the original mainly because reconciliation with Osakahonganji is established, you have requested to withdraw from the occupied territories of Tosa non Chosokabe side.

While I found this time, the 11 date letter January, representing about 5 months before Honnoji Incident of June 2, it would be for Chosokabe family and to follow "request, and Toshimitsu even Mitsuhide based parent advice that it "is committed.

Motochika the reply to be "I want to tell Nobunaga-dono that it has retreated from the castle of various countries Awa center" and dated 21 May contrast. It was found for the first time that it was trying to avoid the crash by following the life Nobunaga.

Other factors that could cause operating and financial Honnoji Incident, a "grudge (grudge) theory" and the beginning Mitsuhide is aimed at taking the world "ambition theory," but, Mitsuhide has been trying to avoid the barrage of Shikoku Nobunaga This discovery Although intended to reinforce to the "Shikoku theory", it is likely to affect the future of controversy.

Garden pond Hideki Division Chief Curator of the museum is said, "Shikoku theory was about 50 points in this discovery goes to 80 points, was ahead of the pack compared to other theory" he said.
//////
本能寺の変に新資料 光秀側に長宗我部“嘆願” 「四国攻め回避」説を補強

明智光秀が主君の織田信長を討った「本能寺の変」について、林原美術館(岡山市北区)が所蔵する「石谷家(いしがいけ)文書」に土佐の長(宗我部元親(ちょうそかべもよちか)が光秀の腹心に宛てて四国攻めに苦悩する書状があったことが23日、明らかになった。

 変の要因には諸説あるが、長宗我部との関係を重んじた光秀が四国攻めを回避するため決起した可能性を示す史料として大きな論議を呼びそうだ。

 石谷家文書は、美濃国(岐阜県)の武将・石谷光政・頼辰(よりとき)父子の書状などで構成され、天正年間を中心とした3巻47通。同美術館と岡山県立博物館(岡山市北区)の共同研究で、本能寺の変直前の天正10(1582)年5月21日付で元親が光秀の側近、斎藤利三(としみつ)に宛てた書状が見つかった。

 当時の元親は四国統一の途上。ところが大坂本願寺との和睦が成立したことなどから信長は当初の友好関係を転換し、長宗我部側に土佐以外の占領地からの撤退を要求していた。

 今回発見されたうち、6月2日の本能寺の変の約5カ月前にあたる1月11日付書状では、利三が元親に「要求に従うのが長宗我部家のためになるし、光秀も努力している」と助言。

 これに対し元親は5月21日付で「阿波国中心部の諸城からは退いたことを信長殿に伝えてほしい」と返答。信長の命に従うことで激突を避けようとしていたことが初めて分かった。

 本能寺の変の要因については、光秀が天下取りを目指した「野望説」をはじめ「怨恨(えんこん)説」などがあるが、今回の発見は光秀が信長の四国攻めを回避しようとしたとする「四国説」を補強するものといえ、今後の論争に影響を与えそうだ。

 同博物館の内池英樹学芸課主幹は「この発見で50点程度だった四国説が80点までになり、他説に比べ一歩抜きんでた」と話している。
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 本能寺の変に新資料 林原美術館(岡山市北区) 歴史的な発見! | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。