2014年06月24日

高松城址公園/吉備線のLRT化/世界最小トンボ

高松城址公園/吉備線のLRT化/世界最小トンボ

岡山市、高松城址公園へ看板設置
//////
Sign installation Okayama, Takamatsu to Castle Park

The 23rd, regular Okayama city council in June to resume the personal question. Omori Masao mayor, to the PR Btsutyuu Takamatsujounomizuzeme to be hero Kuroda Kanbee of NHK Taiga Drama of this year has been proposed to Hashiba (Toyotomi) Hideyoshi, including the height of the dike that was used to Mizuzeme is at a glance It was found that installing Takamatsu Castle (boss) Park (city Kita Takamatsu) signs to understand.
Answer to (meeting of LDP-independent) Takatori Kiyohiko obtained a tourism promotion measures named after the saga. The mayor said, "and excavation polish of tourism resources, while the re-inspection, you want to strive to advertising more effective" and introduces that you are preparing for sign installation.
According to the city Convention & Promotion Division, in early July, attached to a parking lot next to the park southern signs. About 4 m length, including about five meters above sea level of the park, shows Kaerukehana (KawazugaHana) embankment height of the trace (same Tatsuta) and (8.4 meters above sea level). Part was the highest in the main enclosure of Takamatsu Castle (same 7.0 m), the main enclosure of the middle portion in the height (such as the 6.0 m) is also noted, and that to help the image of a figure which the entire castle submerged water is accumulated .
6 Mr. (Komeito), Oniki Nozomi (meeting of LDP-independent) Takatori, Nobuyuki Ogawa, Ken Wake (Shinpu-kai), Senma Katsumi (same), Toshihiro Hayashi of (net citizen) was positive municipal government in general. Individual questions end this day. Entering the committee deliberations from the 24th.
//////
岡山市、高松城址公園へ看板設置

6月定例岡山市議会は23日、個人質問を再開。大森雅夫市長は、今年のNHK大河ドラマの主人公・黒田官兵衛が羽柴(豊臣)秀吉に提案したとされる備中高松城の水攻めをPRするため、水攻めに使われた堤防の高さなどが一目で分かる看板を高松城址(じょうし)公園(同市北区高松)に設置することを明らかにした。
 大河ドラマにちなんだ観光振興策を求めた鷹取清彦(自民党・無所属の会)への答弁。市長は、看板設置の準備を進めていることを紹介し「観光資源の磨き上げや発掘、再点検をしながら、より効果的な宣伝に努めたい」と述べた。
 市観光コンベンション推進課によると、看板は7月初旬、同公園南部の駐車場横に取り付ける。縦約4メートルで、同公園の標高約5メートルを含め、蛙ケ鼻(かわずがはな)築堤跡(同立田)の高さ(標高8・4メートル)を示している。高松城の本丸で最も高かった部分(同7・0メートル)、本丸中段部の高さ(同6・0メートル)なども記し、水がたまって城全体が水没する姿をイメージしやすくするという。
 鷹取、小川信幸(自民党・無所属の会)、和気健(新風会)、千間勝己(同)、林敏宏(公明党)、鬼木のぞみ(市民ネット)の6氏が市政全般をただした。個人質問はこの日で終了。24日から委員会審議に入る。
//////
吉備線のLRT化で地域活性化を
//////
Regional activation in the LRT of Kibisen

The 23rd, lecture consult for discussion towards the (next-generation tram) of LRT of JR Kibisen was held in Soja, Masashi Mori mayor of Toyama which is Senshinchi LRT is "public spoke under the heading of "creating a compact city around the axis of the traffic.
Forest mayor, said, "to prevent the spread of residential areas required" and as a response to aging and population decline. Described thought fun town development will lead to the suppression of medical expenses to walk, and proceeded to LRT of JR Toyamakosen extending suburbs.
It stressed that "the elderly out in urban areas increased, changed the life style" with respect to the effect of the LRT of. I introduced that complained of conversion to urban structure of public transport center to be "should be a city generation that can not get on the car easy to live", you are taken, such as subsidies for housing construction in the wayside as well.
There are also exchange opinions Mixed with Hiruta Shinzo next president Kataoka, Soichi Soja mayor, Ihara of railway, about 220 people were heard.
Kibisen of LRT announced the initiative JR West in 2003 with the same Toyamakosen. The company Soja, Okayama City have agreed to put together this fall the proposed draft which is the basis for discussion. Soja was sponsored by the lecture.
//////
吉備線のLRT化で地域活性化を

JR吉備線のLRT(次世代型路面電車)化に向けた議論の参考にするための講演会が23日、総社市で開かれ、LRT先進地とされる富山市の森雅志市長が「公共交通を軸としたコンパクトなまちづくり」と題して話した。
 森市長は、人口減少や高齢化への対応として「住宅地の拡散を防ぐことが必要」と指摘。歩いて楽しいまちづくりは医療費の抑制にもつながると考え、郊外に延びるJR富山港線のLRT化を進めたと説明した。
 LRT化の効果に関しては「市街地に出る高齢者が増え、ライフスタイルを変えた」と強調。「車に乗らない世代も暮らしやすいまちにするべきだ」と公共交通中心の都市構造への転換を訴え、沿線での住宅建設に対する助成なども併せて講じていることを紹介した。
 片岡聡一総社市長、井原鉄道の昼田真三次期社長を交えた意見交換もあり、約220人が聞いた。
 吉備線LRT化は富山港線と同じ2003年にJR西日本が構想を発表。総社、岡山市と同社は議論のたたき台となる計画素案を今秋にまとめることで合意している。講演会は総社市が主催した。
//////
世界最小トンボ飛翔 岡山県自然保護センター
//////
The world's smallest dragonfly flight Okayama Prefecture Nature Conservation Center

Nannophya pygmaea which is the world's smallest class 2 centimeter in length began to (flight) flying in the wet Botanical Garden (Wake-cho) provincial nature conservation center. Nannophya pygmaea have been focused in the reduction of wetlands is a habitat, as there is a risk of extinction. By early next month in its heyday, it is possible to see the rare sight.

Features male's wearing a bright red, Nannophya pygmaea is live in such wetlands. Habitat is reduced development progresses, it is specified in note species as "species which is an indicator of an excellent environment" in the Red Data Book of the prefecture.

Late about 5 days every year, emergence began on the 1st of this month. Seen until mid-August, but the heyday of early next month. The 6th of next month, the center will be held in the field to "ecology of Nannophya pygmaea" observation events. Us for the center (electro) 0869.88.1190.
//////
世界最小トンボ飛翔 岡山県自然保護センター

体長わずか2センチと世界最小クラスとされるハッチョウトンボが県自然保護センター(和気町)の湿性植物園で飛翔(ひしょう)を始めた。ハッチョウトンボは生息地である湿原の減少で、絶滅の恐れがあるとして注目されている。来月初旬までが最盛期で、珍しい姿を見ることができる。

 ハッチョウトンボは、オスが鮮やかな赤色をまとっているのが特徴で、湿地などに生息している。開発が進むとともに生息地が減っており、県のレッドデータブックでは「優れた環境の指標となる種」として留意種に指定されている。

 例年から5日ほど遅く、今月1日から羽化が始まった。8月中旬まで見られるが、最盛期は来月初旬という。同センターは来月6日、観察会「ハッチョウトンボの生態」を現地で開催する。問い合わせは同センター(電)0869・88・1190。
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:01| Comment(0) | 高松城址公園/吉備線のLRT化/世界最小トンボ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。