2014年07月22日

お金の歴史・技術を展覧会で紹介 23日から岡山天満屋

お金の歴史・技術を展覧会で紹介 23日から岡山天満屋

//////
Okayama Tenmaya introduction from the 23rd exhibition history and technology of money

From the 23rd, Okayama Tenmaya in (Okayama city north district), National Printing Bureau that print money and Osaka Mint of producing the money (Minato-ku, Tokyo) to introduce the technology and history related to money I will hold the "exhibition of stamps and money." Up to 30 days.

Venue to the department stores around the country, has been carried out once summer vacation every year, held at the Okayama second time at this time. Be sold (1850 yen) money set accommodating the 1 yen to 500 yen in case you are to commemorate the exhibition held in Okayama, was designed Momotaro.

In addition to the exhibition of the Azuchi Momoyama period, known as the gold coins of the world's largest and "Tensho length large", a description of the manufacturing process of coins and the transition of money modern, as well as corner experience the weight of 100 million yen in the exhibition .

Admission is free. Print Chaoyang meeting us (electro) 03.3927.8796.
//////

お金の歴史・技術を展覧会で紹介 23日から岡山天満屋

貨幣を製造する造幣局(大阪市)と紙幣を印刷している国立印刷局(東京都港区)が23日から、岡山天満屋(岡山市北区)で、お金にかかわる歴史や技術などを紹介する「お金と切手の展覧会」を開催する。30日まで。

 全国各地の百貨店を会場に、毎年1回夏休みに行われており、岡山市での開催は今回で2回目。岡山展の開催を記念して、桃太郎をデザインしたケースに1円から500円までを収納した貨幣セット(1850円)も販売される。

 展覧会では世界最大級の金貨として知られる安土桃山時代の「天正長大判」などを展示するほか、近代の貨幣の変遷や硬貨の製造工程の解説、1億円の重さ体験コーナーなどもある。

 入場無料。問い合わせは印刷朝陽会(電)03・3927・8796。
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 08:06| Comment(0) | お金の歴史・技術を展覧会で紹介 23日から岡山天満屋 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。