2014年08月23日

吉備線LRT化 2段階で素案提示(岡山 -総社間)

吉備線LRT化 2段階で素案提示(岡山 -総社間)
/////
Draft presented in Kibisen LRT into two stages


The tour of the LRT JR Kibisen the (next-generation tram) initiative, the 22nd, Omori Masao Okayama mayor, Kataoka Soichi Soja mayor, Manabe Seikokorozashi JR West president held talks in Okayama City Hall. Agreed policy is divided into two stages, "Current Status and Issues of the wayside," "operating body, expense, and operation planning" of the plan draft to the basis for discussion, including the pros and cons of implementation, is presented by the end of the year.
The consultation was the top of the three organizations involved in Kibisen of LRT is aligned the first time. After talking for about 40 minutes in private, I explained at a press conference.
According to the description, around September and October, draft plan on Current Status and Issues of wayside plans shown in November and December around operating body, costs, such as operating plan. Draft-making, agreed that Nakamura KeiJiro Okayama Regional Director of the company and both the mayor and the "top meeting", to promote working group by practitioners work together. Also be provided opportunities to hear the opinions from officials and citizens representative experts, national and prefecture.
Mayors showed recognition "is also linked to urban development along the railway, continue with the research" and.
Incorporating the changes from the current situation, such as time zone changes and the number of the operation by the LRT of the benefits associated with the introduction, draft plan shows a disadvantage. Both the mayor has said "I want to promote the business of citizen consensus (agreement) is obtained."
Kibisen 20 - 4 km connecting a single wire between the Okayama Soja. 2003, JR West announced the LRT initiative of Kibisen Toyamakosen with Toyama. LRT · Toyama Light Rail in the country's first opened in '06 in Toyamakosen.
/////
吉備線LRT化 2段階で素案提示


JR吉備線のLRT(次世代型路面電車)化構想をめぐり、大森雅夫岡山市長、片岡聡一総社市長、真鍋精志JR西日本社長が22日、岡山市役所で会談した。実施の是非を含めて議論のたたき台とする計画素案を「沿線の現状と課題」「運営主体、費用負担、運行計画など」の2段階に分け、年内に提示する方針で一致した。
 吉備線LRT化に関わる3機関のトップがそろって協議したのは初めて。非公開で約40分間話し合った後、記者会見で説明した。
 説明によると、沿線の現状と課題に関する計画素案は9、10月ごろ、運営主体、費用負担、運行計画などは11、12月ごろに示す予定。素案作りは、両市長と同社の中村圭二郎岡山支社長による「トップ会議」と、実務担当者によるワーキンググループが連携して進めることで合意。有識者や市民代表、国、県の職員らから意見を聴く場も設ける。
 両市長は「沿線のまちづくりともリンクさせ、検討を深めていく」との認識を示した。
 計画素案は、LRT化による運行の本数や時間帯の変化など現状からの変更点を盛り込み、導入に伴うメリット、デメリットを示す。両市長は「市民のコンセンサス(合意)が得られれば事業を進めたい」としている。
 吉備線は岡山 -総社間を単線で結ぶ20・4キロ。JR西日本は2003年、富山港線(富山市)とともに吉備線のLRT化構想を公表した。富山港線では06年に国内初のLRT・富山ライトレールが開業した。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 吉備線LRT化 2段階で素案提示(岡山 -総社間) | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。