2014年09月11日

黒田官兵衛特別展をのぼりでPR(岡山城天守閣) /「官兵衛の奇策」に思いはせる 「黒田二十四騎図」

黒田官兵衛特別展をのぼりでPR(岡山城天守閣)/「官兵衛の奇策」に思いはせる 「黒田二十四騎図」
//////
The 10th climbed to PR - "Bitchutakamatsu Castle Mizuzeme razzle-dazzle of Kuroda Kanbee" (Okayama City, Okayama Convention and Visitors Bureau, San'yoshinbunsha sponsored) the autumn special exhibition that opens on the 13th at Okayama Castle castle tower in Okayama, Kita-ku Marunouchi , it has been installed in around the venue.
The climbing 1, 5 meters high, 45 cm wide, the image of a helmet (1546-1604 Years) Kuroda Kanbee, design "FujiTomomi (Fuji-domoe)" the crest of the Kuroda family goblet that was prone. I was fitted with a 15 lines in Asahikawa along the moon bridge and around the internal strife Gate near Okayama Seongnam.
The special exhibition, "Figure Noriyuki figures and water battle Noriyuki Akamatsu MizuOsamu" about 40 cm (vertical, about 150 centimeters horizontal, Okayama Prefectural Library drew in ukiyo-e of six how Bitchu Takamatsujounomizuzeme of (1582) I will exhibit about 50 points suggests such twenty-four Cavalry Figure Kuroda and collection), the situation at the time.
Previous year to commit seppuku (1537-82 Years) is the face of Mizuzeme, (built man Mr. Shimizu) double-edged dagger that was made ​​swordsmith Bizen Osafune also open to the public for the first time Bitchutakamatsu lord Shimizu Soji.
The session (9:00 to 17:30) until October 29. During the exhibition, seven days a week. ¥ 800 for adults, ¥ 400 elementary and junior high school students, admission is free less than elementary school.
//////
岡山市北区丸の内の岡山城天守閣で13日に開幕する秋季特別展「黒田官兵衛の奇策—備中高松城水攻め」(岡山市、おかやま観光コンベンション協会、山陽新聞社主催)をPRするのぼりが10日、会場周辺に設置された。
 高さ1・5メートル、幅45センチののぼりには、黒田官兵衛(1546~1604年)のかぶとをイメージし、伏せた杯に黒田家の家紋「藤巴(ふじどもえ)」をデザイン。岡山城南の内下馬門付近と月見橋周辺の旭川沿いに15本を取り付けた。
 特別展では、備中高松城の水攻め(1582年)の様子を6枚の浮世絵で描いた「赤松水攻之図・水攻防戦之図」(縦約40センチ、横約150センチ、岡山県立図書館蔵)や黒田二十四騎図など、当時の状況がうかがえる約50点を展示する。
 備中高松城主・清水宗治(1537~82年)が水攻めに遭って切腹する前年、備前長船の刀鍛冶に作らせたもろ刃の短刀(清水男氏蔵)も初めて一般公開する。
 会期は10月29日まで(午前9時~午後5時半)。会期中無休。入場料は大人800円、小中学生400円、小学生未満は無料。
//////
岡山 官兵衛 - Google News
Powered by RSSリスティング

黒田官兵衛 - Google News
Powered by RSSリスティング

岡山 黒田官兵衛 - Google News
Powered by RSSリスティング


//////
2014年9月13日(土)
「官兵衛の奇策」に思いはせる

 岡山城秋季特別展「黒田官兵衛の奇策?備中高松城水攻め」(岡山市、おかやま観光コンベンション協会、山陽新聞社主催)が13日、同市北区丸の内の岡山城天守閣で開幕した。初日から歴史愛好家や観光客が関連史料約50点を丹念に読み解き、戦国武将が覇権争いを繰り広げた激動の時代に思いをはせていた。
 官兵衛(1546~1604年)が進言したとされる備中高松城の水攻め(1582年)を6枚の浮世絵で表現した「赤松水攻之図・水攻防戦之図」やジオラマ(縦115センチ、横160センチ)などで解説している。
 自らの命と引き換えに城兵5千人を助けたとされる備中高松城主・清水宗治(1537~82年)が、備前長船の刀鍛冶に作らせたもろ刃の短刀を初めて公開しているほか、黒田家の草創期を支えた24人の家臣を描いた「黒田二十四騎図」なども注目を集めていた。
 神戸市から妻と訪れた自営業男性(52)は「時代の緊張感や当時の武将たちの生きざまが伝わってくる。史料一つ一つに物語があって勉強になった」と話していた。
 10月29日まで(午前9時~午後5時半)。会期中無休。入場料は大人800円、小中学生400円、小学生未満は無料。
//////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。