2014年09月14日

歴史研究者ら3世紀の吉備に迫る(岡山市北区西花尻)

歴史研究者ら3世紀の吉備に迫る(岡山市北区西花尻)
//////
Approaching the millet third century history researchers (Okayama Kita Nishihanajiri)

The 13th, I was done the city, Naka-ku, Furugyo town, in Miki Memorial Hall, is "Deciphering the millet 3 Century" symposium to commemorate the 30th anniversary of Opening of (Okayama, Kita-ku, Nishihanajiri) Okayama Prefecture ancient millet cultural heritage center. Researchers from the front line, was approaching the social situation of the Japanese archipelago towards the Kofun period from Yayoi.
About 500 people history buff et al attend. 禰冝田 fields Yoshio, Agency for Cultural Affairs cultural property section Monuments and Sites Division chief cultural property investigators keynote. Hirose Kazuo National Museum of Japanese History Professor Emeritus, Akiyama Kozo-Osaka Prefectural Museum of Yayoi Culture Deputy Director, Ugaki TadashiMasashi Okayama Prefecture Board of Education Division of Cultural Property canons, Shibata, Hideki the Center Summary Vice Sanji on stage then, moat (Kan History of tombs and Tsuyoshi) settlements, such as moving state of earthenware, I was verified from various fields.
For tombs, in theory the keyhole was built across the country in the Kofun period, elements derived from the Kinki was hardly recognized, there was no force Kinki Yayoi, 禰冝 fields Mr. "Kinai the counterargument to be "than did not feel the meaning tomb. On the other hand, vertical old Yayoi burial mound of the national largest appeared in the Yayoi Period late for Kurashiki, was inherited tumulus tools ideological part of the so-called religion in particular ". Ugaki Mr. tree (enclosed wood coffin) further I claimed role conveyed the deep idea of ​​dealing with it in a safe place, such as 槨 (Mokkaku), the chiefs who died and "large.
The venue, it is excavated from Soja-Jinmei (Jinmei) ruins, it is exhibition (Taku copper), bronze bell-shaped vessel that remain with the soil, people who visited were staring.
//////
歴史研究者ら3世紀の吉備に迫る(岡山市北区西花尻)

 岡山県古代吉備文化財センター(岡山市北区西花尻)の開所30周年を記念したシンポジウム「3世紀の吉備を読み解く」が13日、同市中区古京町、三木記念ホールで行われた。第一線の研究者らが、弥生から古墳時代へと向かう日本列島の社会情勢に迫った。
 歴史ファンら約500人が聴講。禰冝田佳男・文化庁文化財部記念物課主任文化財調査官が基調講演。その後広瀬和雄・国立歴史民俗博物館名誉教授、秋山浩三・大阪府立弥生文化博物館副館長、宇垣匡雅・岡山県教委文化財課参事、柴田英樹・同センター総括副参事が登壇し、環濠(かんごう)集落や墓制の変遷、土器の移動状況など、多方面から検証した。
 墓制について、古墳時代に全国に造られた前方後円墳には、近畿に由来する要素がほとんど認められず、弥生時代の近畿は力がなかったという説に、禰冝田氏は「畿内は墳墓に意味を感じていなかったのでは」と反論。一方、弥生時代後期に出現した全国最大級の楯築弥生墳丘墓(倉敷市)について、宇垣氏が「特に思想的部分、いわゆる宗教の道具を古墳に継承した。さらに(木棺を囲む)木槨(もっかく)など、亡くなった首長を大切に扱うという深い考え方を伝えた役割は大きい」と主張した。
 会場には、総社・神明(しんめい)遺跡から発掘され、土のついたままの銅鐸(どうたく)が展示され、訪れた人たちが見入っていた。

//////
//////
投票しよう!
( 投票しよう! 岡山は 「でーれー・ぼっけー・もんげー」どれ!)
【もんげー】岡山県、ついに本気で「妖怪ウォッチ」に乗っかる?

「でーれー岡山!」(推薦人:葛城ユキ)
「ぼっけー岡山!」(推薦人:岩井志麻子)
「もんげー岡山!」(推薦人:桃瀬美咲)
投票サイト(9~15日)
http://8092-okayama.jp/

//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | 歴史研究者ら3世紀の吉備に迫る(岡山市北区西花尻) | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。