2014年09月24日

「でーれーガールズ」女優がPR(岡山県出身の桃瀬美咲さんら)

「でーれーガールズ」女優がPR(岡山県出身の桃瀬美咲さんら)

次は、「もんげーボーイ」だな? 県知事出演で・・。
//////
(Misaki Momose et al Okayama Prefecture) PR is "Dere Girls" actress

Ahead the end of shooting the movie "Dere Girls", the 23rd, production report meeting by starring actress et al was held in (Okayama, Naka-ku, Kadotayashiki) Sanyo Women's mid-high model of the story. Along to the original writer Harada Maha's Okayama Yukari (52), friendship and love of high school girls are drawn, was PR to be "work heartwarming charm of Okayama is jammed" movie.
Yuki started Yoshiao san, Adachi Rika that on the stage of the 1980s, played a high school two hero, five actress Misaki Momose et al Okayama Prefecture was attended.
Full-length works of Okayama location. Yuki's student officers coming to changing schools in Okayama was proudly "views overlooking the Asahikawa ku Okayama Castle from the top of the Tsurumibashi was beautiful really. Contents for me to sympathize also people of every generation," he said.
On the other hand, smile "was struggling to accent the unique, but was glad to be referred to as" Na was "growth from teacher guidance dialect" Adachi's that contains the Okayama valve plenty to dialogue with. Momose-san according to "have Kawayu Dere, and I was delicious," said it was wowed venue.
Italian wood Ryuta Governor also skies made the debriefing. Horipro is planning to produce the movie, Okayama Roque scheduled until the 27th.
//////
「でーれーガールズ」女優がPR(岡山県出身の桃瀬美咲さんら)

映画「でーれーガールズ」の撮影終了を控え、主演女優らによる制作報告会が23日、物語のモデルの山陽女子中高(岡山市中区門田屋敷)で行われた。映画は岡山ゆかりの作家原田マハさん(52)の原作に沿い、女子高生の恋と友情が描かれ、「岡山の魅力が詰まった心温まる作品」とPRした。
 1980年代を舞台に、主人公2人の高校時代を演じた優希美青さん、足立梨花さんをはじめ、岡山県出身の桃瀬美咲さんら女優5人が出席した。
 全編岡山ロケの作品。岡山に転校してくる生徒役の優希さんは「鶴見橋の上から旭川と岡山城を臨む景色は本当に美しかった。どの世代の人たちにも共感してもらえる内容」と胸を張った。
 一方、せりふにたっぷり岡山弁が含まれる足立さんは「独特のアクセントに苦労したけれど、方言指導の先生から『成長したな』と言われてうれしかった」と笑顔。桃瀬さんが「でーれーかわゆうて、うまかったわ」と応じ、会場を沸かせた。
 報告会には伊原木隆太県知事も応援に駆け付けた。映画はホリプロが企画、制作し、岡山ロケは27日までの予定。
//////
「でーれーガールズ」制作報告会「岡山県民と作った映画」

オール岡山ロケで岡山弁を駆使した映画「でーれーガールズ」(来年2月公開)の制作報告会が23日、岡山市内で開かれ、ダブル主演の女優、優希美青さん(15)と足立梨花さん(21)が作品への熱い思いを語った。

 東京から岡山の女子高に転校した漫画好きの主人公(優希さん)と勝ち気な友人(足立さん)をめぐる友情や恋愛を描いた同作。今月13日にクランクインし、前例がないというオール岡山ロケで撮影が進み、この日までに主役級がクランクアップした。

 足立さんは平成19年、優希さんは24年の「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でともにグランプリを獲得し、さらに昨年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」にも2人そろって出演して注目された。優希さんは「エキストラなどたくさんの岡山県民と一緒に作った映画」と話し、足立さんは「難しい岡山弁も最後は指導の先生からオーケーが出るほど。うれしかった」と完成を心待ちにしている。

 撮影は今月末で終了する予定。来年2月上旬、岡山市で先行公開、その後、全国ロードショーされる。

                  ◇

 原作者の原田マハさん(52)も岡山市内で会見し、「第二の故郷である岡山で過ごした私の青春。岡山弁は春の川をいく船のイメージ」と話した。作品は小学校6年生から大学進学までを岡山市内で過ごした体験をもとにしているという。
//////
<映画>岡山舞台の「でーれーガールズ」 出演者報告会「じゃけ」かわいい! /岡山

岡山が舞台の青春映画「でーれーガールズ」の出演者5人が23日、撮影場所の山陽女子高(中区門田屋敷2)で報告会を開いた。この日、メインキャストの優希美青さん(15)、足立梨花さん(21)らは撮影を終え、「全力で生きる女の子たちの姿を見て」と作品の魅力を語った。

 「でーれーガールズ」は、同校卒業生の作家、原田マハさんの小説が原作。1980年代の岡山が舞台で、東京から引っ越してきた主人公・鮎子が、高校で出会った武美らクラスメートと友情を育む物語。鮎子が慣れない岡山弁を通じて武美たちと仲良くなる。

 出演者たちは、再現された30年前の同校制服の衣装で報告会に臨んだ。武美役の足立さんは「方言指導の先生に教わりながら、楽しく撮影できた。私なりに岡山の人になれたのがうれしい」。鮎子を演じる優希さんは「『じゃけ』という言い方がかわいいな、と思った」と笑顔を浮かべた。クラスメート役で出演する岡山市出身の桃瀬美咲さん(21)は「岡山の人にとっては『ここ知ってる』という場所がいくつも出てくるはず。楽しんで見てほしい」と話した。

 映画は来年2月、岡山で先行上映され、全国公開される。
//////

2014年09月15日

「でーれーガールズ」映画化  原田 マハ (岡山三門小・石井中学) /最終日( 投票しよう! 岡山は 「でーれー・ぼっけー・もんげー」どれ!)

「でーれーガールズ」映画化  原田 マハ (岡山三門小・石井中学)
//////
"Dere Girls" movie Harada Maha (Okayama Sanmen Small Ishii junior high school)

(August Shodensha 2011) Dere Girls
Kohinata Ayuko of cartoonist (real name Sasaoka Ayuko) came to Okayama had a high school first time in 30 years. This is because to the lecture in female high school alma mater. Lecture two days before, classmates in high school gave me open the reunion and on this occasion. So Ayuko be reunited with Takemi best friend first time in 30 years. Takemi had become a teacher of the alma mater. It was also invited Ayuko that's Takemi. In fact, thirty years ago, there was unforgettable in Takemi and Ayuko. 1980, Okayama -. Have no friends in class Sasaoka Ayuko just moved here from Tokyo. He is also a college student good guitar with cool, emotional support, was Hideho kun. However, would be seen in Akimoto Takemi of class, romance comics depicting the hero two people. Takemi in a unyielding with a beautiful woman, Ayuko he had always teased. However, Takemi is ...... Therefore read the continuation of the story. You'll want to meet friends irreplaceable, inspiring story.

(While Harada, women, July 14, 1962 -) is Maha Harada, Japanese novelist, curator, writer Culture. Kodaira City, Tokyo born. Okayama grew up until high school graduation from elementary school sixth grade. Okayama Municipal Sanmen Elementary School, Okayama City Ishii junior high school, Sanyo Girls High School, Kwansei Gakuin University Faculty of Letters Department Date body, Waseda University Faculty of Letters second art history vocational graduation. After working Marimura Museum, ITOCHU Corporation, Mori Building, urban development company museum preparation room, the Museum of Modern Art, New York, and as an independent curator for free in 2002.
//////
「でーれーガールズ」映画化  原田 マハ (岡山三門小・石井中学)

でーれーガールズ(2011年8月 祥伝社)
漫画家の小日向アユコ(本名・佐々岡鮎子)は30年ぶりに高校時代を過ごした岡山県にやってきた。母校の女子高で講演会をするためだ。 講演会前々日、この機会にと高校の同級生たちが同窓会を開いてくれた。そこでアユコは30年ぶりに親友の武美と再会する。武美は母校の教師になっていた。アユコを招いたのも武美だという。実は30年前、アユコと武美には忘れられない思い出があった。 1980年、岡山――。東京から引っ越してきたばかりの佐々岡鮎子はクラスに友達がいない。心の支えは、かっこよくてギターもうまい大学生の彼、ヒデホくんだった。ところが、二人を主人公に描いた恋愛マンガを、クラスの秋本武美に見られてしまう。美人で勝気な武美に、鮎子はいつもからかわれていたのだ。しかし、武美は物語の続きを読みたがって……。かけがえのない友だちに会いたくなる、感動の物語。

原田 マハ(はらだ まは、女性、1962年7月14日 - )は、日本の小説家、キュレーター、カルチャーライター。東京都小平市生まれ。小学6年生から高校卒業まで岡山県岡山市育ち。岡山市立三門小学校、岡山市立石井中学校、山陽女子高等学校、関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史学専修卒業。マリムラ美術館、伊藤忠商事、森ビル、都市開発企業美術館準備室、ニューヨーク近代美術館に勤務後、2002年にフリーのキュレーターとして独立。

//////
「奉還町商店街」や「鶴見橋」等で撮影があるらしい。
「奉還町商店街」

大きな地図で見る
「鶴見橋」

大きな地図で見る

原田 マハ (岡山三門小・石井中学)

大きな地図で見る


//////
投票しよう!
( 投票しよう! 岡山は 「でーれー・ぼっけー・もんげー」どれ!)
【もんげー】岡山県、ついに本気で「妖怪ウォッチ」に乗っかる?

「でーれー岡山!」(推薦人:葛城ユキ)
「ぼっけー岡山!」(推薦人:岩井志麻子)
「もんげー岡山!」(推薦人:桃瀬美咲)
投票サイト(9~15日)
http://8092-okayama.jp/


///////
甲本雅裕×桃瀬美咲×前野朋哉「でーれーガールズ」出演で地元・岡山に凱旋!


人気若手女優の優希美青と足立梨花がダブル主演する「でーれーガールズ」に、甲本雅裕、桃瀬美咲、前野朋哉が出演することがわかった。3人そろって岡山県出身で、同作がオール岡山ロケで撮影が行われることもあり、地元への“凱旋”を心待ちにしている様子だ。



 原田マハ氏の小説を大九明子監督のメガホンでする今作は、2人の女性の30年の時を越えた恋と友情の物語。1980年の岡山を舞台に、東京から転校してきた鮎子を優希、同じクラスの美少女・武美を足立が演じている。親友となった2人はある事件をきっかけに決定的な仲違いをしてしまうが、30年後、漫画家になった鮎子は母校での講演会で教師になった武美と再会。大人になった2人を、元宝塚歌劇団トップコンビの安蘭けい(武美)と白羽ゆり(鮎子)が演じる。

 岡山出身の3人の役どころは、甲本が80年の岡山駅地下街でブローチを売る網浜ベイビー、桃瀬が鮎子と武美のクラスメイト・篠山みずの、前野が現代パートで漫画家として成功した鮎子の編集担当者・荒川雄哉。地元での撮影を控え、甲本が「なんだか恥ずかしいなあという感じです。すごく嬉しいからこと照れくさいですね」と語れば、桃瀬も「親はすごく楽しみにしてくれています。嬉しいんですが、ずっと住んでいた町にスタッフさんや事務所の方がいらして、岡山でお仕事をするという事に対して不思議な感覚はありますね」と同調する。前野は「以前、映画『バージンブルース』を見て、地元倉敷がロケ地になっていた事にすごく興奮しました。映画に知ってる場所が映るとすごく嬉しいですよね。岡山の方にとってそんな映画になって欲しいです」とコメントを寄せている。

 大九監督に対する印象を、甲本は「本読みの最中にかけてもらう言葉とか、キャストたちにかける言葉を聞いていて、役者の思いとか出し方を尊重しつつも、ひとつの信念をしっかり持っておられると感じたので、安心して自由にやっていいのかなと思った」と明かす。前野も、「凛としていてカッコいい方でした。衣装合わせも和やかな雰囲気で、今から現場が楽しみです」と語った。

 桃瀬にとっては、同年代の女優仲間でありライバルでもある優希と足立との共演は意気に感じるものがあるようだ。「梨花ちゃんとは同い年で高校も一緒でしたし、3年くらい寮で一緒に暮らしていたこともあって、『方言指導をお願いします』と言ってくれました。美青ちゃんとは『トリハダ 劇場版2』で共演したばかりなので、岡山ロケでも仲良くできたらいいですね」と話し、爽やかな笑みを浮かべていた。

 「でーれーガールズ」は、2015年2月に岡山で先行上映し、その後、全国で順次公開。
//////
映画「でーれーガールズ」 原作・原田さん会見
2014年09月19日
 1980年代の岡山市を舞台にした小説「でーれーガールズ」の映画撮影が同市で始まり、原作者の原田マハさん(52)が18日、同市中区のホテルで記者会見し、作品と岡山への思いを語った。

 原田さんは東京都小平市生まれ。小学校6年の時、岡山市に引っ越し、山陽女子高校を卒業するまで過ごした。女子高校生の友情と恋愛を描いた同作は、自身の体験が基になっているという。

 映画には、優希美青さんや足立梨花さんら若手女性タレントが出演。13日にクランクインし、全て市内で撮影される。原田さんは18日、岡山後楽園前の鶴見橋で行われたロケを見学。「自分の思い出が映像化されているようで、不思議な感じがした」と述べた。

 「青春の一番いい時代を過ごした岡山は、私にとって第二の古里」と言う原田さん。「携帯電話やインターネットはなかったが、人を好きになったり、思いやったりする気持ちは今も昔も変わらない」と作品に込めた思いを語った。

 31日にクランクアップする予定。来年2月上旬、全国ロードショーに先駆け、岡山市のイオンモール岡山内に開設されるイオンシネマ岡山で先行公開される。
/////
地域ニュース 岡山 - Google News
Powered by RSSリスティング


岡山 妖怪ウオッチ - Google News
Powered by RSSリスティング


/////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。