2014年12月07日

シーガルズ唯一6連勝 首位キープ

シーガルズ唯一6連勝 首位キープ

シーガルズ 美人 サポーター ガッツ.jpg
美人 サポーターも応援!
シーガルズ 美人 サポーター 応援.jpg
美人 サポーターも応援!
シーガルズ 美人 サポーター.jpg
美人 サポーターも応援!
/////
Seagulls only 6 straight wins top spot keep

Volleyball V · Premier League is the 6th, there is a women's four games in such Okazaki center comprehensive park gymnasium of Okazaki, Aichi, Okayama Seagulls premier wins in fifth place Toyota Auto Body to 3-0, stretched out points to 17 was. For three consecutive second place aimed at Hisamitsu was defeated, it was one step ahead in winning percentage in only the opening 6-game winning streak.
Seagulls was held the initiative with a good attack crisp love Kawabata. The second set and third set became a deployment follow up to 3 points, Kawashima at strategic points, determines the block of Yamaguchi et al., The fourth time straight wins this season have attracted the flow. Leaving Hisamitsu game of the 7th, leader of the first round has been determined.
Hisamitsu you Sekihai to Hitachi in 2-3 stop in 23 of the regular round winning streak is history third place from last season. Did not reach one step away to 25-game winning streak of successive 2-position of the JT. DENSO to victory in Toray, I gave the first win after Premier League return. Women's 7 days in the year last league match, sandwiching the All Japan Championships, resume next year January 10. Okayama Seagulls 3-0 Toyota Auto Body 25-2325-2025-21
[Evaluation] Okayama Seagulls can excel in the play of accuracy, slipped out the bidding of each set. The first set dash while to blow a seven-point lead early from 19-19 to expand the score in the continuous swipe of love left Kawabata. The second, the third set but was pushed to the momentum of the opponent, I tipped the 3 point difference in since the mid. Miyashita at strategic points, and Kawashima et al Saab effectiveness, was alive Yamaguchi et al block. Serve receive success rate even greater had spread the width of the 72-6% and high attack.
Toyota Auto Body Attack decision rate 27-6% and sluggish. Kanani is not completely decided, sounded even miss on the lead the scene.
/////
シーガルズ唯一6連勝 首位キープ

バレーボールのV・プレミアリーグは6日、愛知県岡崎市の岡崎中央総合公園体育館などで女子4試合があり、首位の岡山シーガルズは5位トヨタ車体に3—0で勝ち、勝ち点を17に伸ばした。3連覇を狙う2位久光製薬が敗れたため、唯一の開幕6連勝で勝率でも一歩リードした。
 シーガルズは川畑愛の切れの良いアタックで主導権を握った。第2セットと第3セットは最大3点を追う展開となったが、要所で川島、山口らのブロックが決まり、流れを引き寄せて今季4度目のストレート勝ち。7日の久光製薬戦を残し、1巡目の首位が確定した。
 2—3で日立に惜敗した久光製薬は昨季からのレギュラーラウンド連勝記録が歴代3位の23でストップ。歴代2位のJTの25連勝にあと一歩届かなかった。デンソーは東レに快勝し、プレミアリーグ復帰後初の白星を挙げた。女子は7日が年内最後のリーグ戦で、全日本選手権を挟み、来年1月10日に再開する。岡山シーガルズ3—0トヨタ車体25—2325—2025—21
 【評】岡山シーガルズはプレーの精度で勝り、各セットの競り合いを抜け出した。第1セットは序盤の7点リードをふいにしながら19—19からレフト川畑愛の連続強打で点差を広げて奪取。第2、第3セットは相手の勢いに押されたが、3点差を中盤以降にひっくり返した。要所で宮下、川島らのサーブが効き、山口らのブロックも生きた。サーブレシーブ成功率は72・6%と高く攻撃の幅が広がったのも大きい。
 トヨタ車体はアタック決定率が27・6%と低調。カナニが決めきれず、リードした場面でのミスも響いた。
/////
シーガルズ アタッカー 山口.jpg
山口選手 スケッチ
シーガルズ セッツター 宮下.jpg
宮下選手 スケッチ
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 08:23| Comment(0) | シーガルズ唯一6連勝 首位キープ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。