2014年12月16日

トマト6次産業化応援ファンド第1号案件、里山アグリへ1000万円の出資決定

トマト6次産業化応援ファンド第1号案件、里山アグリへ1000万円の出資決定
/////
Tomato 6 Next industrialization Support Fund No. 1 project, funded decision of 10 million yen to satoyama Agri

Tomato Bank, Mizuho Bank, Agriculture, Forestry and Fisheries growth industrialization support mechanism, funded tomato lease and Mizuho Capital, founded tomato sixth-order industrialization Support Fund in January (following the fund) is the 12th, 1000 for the Satoyama Agri announced that it has decided to make the investment of million.

It should be noted that the same matter is No. 1 projects in the same fund. In the future, you are the same fund will continue to contribute to employment expansion and activation of the regional economy of the region due to Through the investment and management support to the six-order industry entities of the region, brand establishment of Okayama of agriculture, forestry and fishery products.

Overview of investment projects
And investment destination name: woodlands Agri Co., Ltd.
・ President: Kyutaro Sakamoto
・ Location: Kurashiki, Okayama Prefecture Nishizaka address 117 1
・ Established: May
・ Investment decision Amount: 10 million yen
Shareholders: Corporation tomato farm 1.2.3 (Hifumi) (Maniwa Kamimizuta) (primary operators) tomato sixth-order industrialization Support Fund
・ Business and targets: woodlands Aguri, management and Japanese-style cafe-restaurant that you play the old house "rest processing Hokubo firefly hermitage" (Maniwa Shimoazae), has worked in the manufacture and sale of processed products such as tomato jam . In the "rest processing Hokubo firefly hermitage", it provides a wide variety of local production for local consumption menu using local ingredients such as tomatoes tomato farm 1.2.3 is produced. Future, the added value of the processed products with local agricultural products, to enhance the brand value, we aim to expand sales channels to the outside, to promote the sixth-order industrialization by expanding the company's business.
/////
トマト6次産業化応援ファンド第1号案件、里山アグリへ1000万円の出資決定

トマト銀行、みずほ銀行、農林漁業成長産業化支援機構、トマトリースおよびみずほキャピタルが出資し、1月に設立したトマト6次産業化応援ファンド(以下同ファンド)は12日、里山アグリに対して1000万円の出資を行うことを決定したと発表した。

なお、同件は同ファンドにおける第1号案件となる。今後とも、同ファンドは地域の6次産業化事業体への投資・経営支援を通じ、岡山の農林水産物のブランド確立などによる地域の雇用拡大と地域経済の活性化に貢献していくとしている。

出資案件の概要
・投資先名:里山アグリ株式会社
・代表取締役:坂本久太郎
・所在地:岡山県倉敷市西坂117番地1
・設立年月:5月
・出資決定額:1000万円
・株主:株式会社トマトファーム1・2・3(ひふみ)(真庭市上水田)(1次事業者)トマト6次産業化応援ファンド
・事業内容・目標:里山アグリは、古民家を再生した和風カフェレストラン「憩い処 北房ほたる庵」(真庭市下呰部)の運営や、トマトジャムなどの加工品の製造・販売を手掛けている。「憩い処 北房ほたる庵」では、トマトファーム1・2・3が生産したトマトなど地元食材を使った多彩な地産地消メニューを提供している。今後、地元農産物とその加工品の付加価値、ブランド価値を高め、域外への販路拡大を図り、同社の事業を拡大することで6次産業化を推進する。
/////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。