2014年12月26日

ネットやスマホ 適切な使い方議論 岡山 倉敷

ネットやスマホ 適切な使い方議論 岡山 倉敷

/////
Net or smartphone appropriate use discussion

The second meeting of the 25th of the student volunteers of all 26 junior high school of Kurashiki City is discuss the appropriate use of the Internet and smart phones "Kurashiki children meeting" (City Board of Education sponsored), was held at the city hall. Toward the resolution of problems such as long-term use of cyberbullying or smartphone, held of whole school debate rally, students themselves, such as production of enlightenment video devised, practice to have initiatives were announced from 5 junior high school.
Higashinaka is on you talked net benefits, disadvantages in each class, held a discussion meeting of the whole school. Smartphone is a scene in which the rules ask the need or? Pros and cons, etc. is allowed to intention displayed set a color paper of red and blue to use, touch the point where all the discussion has been devised that can participate, "consciousness with their problems is growing I was reported to have ".
During middle and Kotora Shimotsui is summarized skit about information morals to enlightenment video, screened at the venue. North and Central, while the south was introduced the results of a questionnaire on the net use of reality that was carried out jointly.
Attendance centered on a total of 63 people the student council. Participation each school is to explain the activities and future policies in handouts, was information exchange. Tsurajima culmination 2 years of women's (14) said, "unique efforts of each school they were very helpful. I want to incorporate from the possible ones."
Meeting, opened the first meeting in July to try Engaging Our children of proactive efforts to troubleshooting. Plans to put together a "child declaration (tentative name)" on the net use in the final meeting to be performed in three semesters.
/////
ネットやスマホ 適切な使い方議論

倉敷市立の全26中学校の生徒有志がインターネットやスマートフォンの適切な使い方を話し合う「倉敷子どもミーティング」(市教委主催)の第2回会合が25日、市役所で開かれた。ネットいじめやスマホの長時間使用といった問題の解決に向け、全校討論集会の開催、啓発動画の制作など生徒自身が考案、実践している取り組みが5中学校から発表された。
 東中は各クラスでネットのメリット、デメリットを話し合った上で、全校の討論集会を開催。スマホ利用にルールが必要か?など賛否を問う場面では赤や青のカラー用紙を掲げて意思表示させ、議論に全員が参加できる工夫をした点に触れ、「自分たちの問題との意識が高まった」と報告した。
 下津井中や琴浦中は情報モラルに関する寸劇を啓発動画にまとめており、会場で上映。北中、南中は合同で実施したネット利用の実態に関するアンケートの結果を紹介した。
 生徒会を中心に計63人が出席。参加各校は配布資料で活動や今後の方針を説明し、情報交換した。連島南中2年の女子(14)は「各校のユニークな取り組みがとても参考になった。できるものから取り入れていきたい」と話した。
 ミーティングは、トラブル解決に子どもたちの主体的な取り組みを促そうと7月に初会合を開いた。3学期に行う最終会合でネット利用に関する「子ども宣言(仮称)」をまとめる予定。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:05| Comment(0) | ネットやスマホ 適切な使い方議論 岡山 倉敷 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。