2015年01月20日

高橋大輔さん 引退後「腰のくびれなくなった」今後は米留学予定


高橋大輔さん 引退後「腰のくびれなくなった」今後は米留学予定
////
"It became not constricted the hip" in the future to the US study abroad plans Daisuke Takahashi's retirement after

Figure Skating Takahashi Daisuke announced his retirement last October (28) is the 19th, Tokyo book that look back its own half a lifetime with photos to publish commemorative events of the "day-to-day spending 2000days is propel me" (Shodensha) I open at the bookstore.

2010 from the previous Vancouver Olympics and memories of competition life was centered on until Sochi Olympics, stark in the confession, etc. I think of when history and its leading up to retirement. Afterword to it has left a description of the effect that "be some people who think Haradatashiku", but even though it is known to have me "cheer, feeling of when you did not obediently is received in their own weakness also because I wrote is not hidden in the real intention, such as .... even, feeling then you sometimes became easier in retirement, it was explained that I was "write honestly than you had thought.

After retirement is the case other practice of ice show is like going on a trip with friends, "Become a 28-year-old and has a campus life. Since the student was skating pickled, It is extra fun" smile and. Because the amount of practice has been drastically reduced, "waist constriction is no longer., Before I did not have it and do not eat three meals firmly, the night is now only to have salad and soup" is also that you have the the "diet" revealed.

In the future, so are planning to US study abroad, such as for language learning is not decided "to be where to go as well, you can now research. In stomach until much I think another good Ya with, I want to become a fluent (English). optimistic that the "at that time when you did not possible. Next year to greet the milestone of 30 years old, was to be "to man is said to be from the 30-year-old, want to say and decided to slowly future goals in 1-2 years."

For love, and bitter smile that "from becoming a little to shunt the adult." Although for some time "people red lipstick look good with bangs Pattsun the type" are profess, and "It is like the unique person. Addicted now Mr. Shishido Kafka is in Donpisha. Back is high but" categorically. If the name of Naomi Watanabe of comedians as the same type from reporters (27) comes out had dodged the "I love as a character."
////
高橋大輔さん 引退後「腰のくびれなくなった」今後は米留学予定

昨年10月に現役引退を発表したフィギュアスケートの高橋大輔さん(28)が19日、自身の半生を写真とともに振り返る著書「2000days 過ごした日々が僕を進ませる」(祥伝社)の刊行記念イベントを都内の書店で開いた。

 2010年のバンクーバー五輪前からソチ五輪までを軸とした競技人生の思い出や、引退に至るまでの経緯やその時の思いなどを赤裸々に告白。あとがきには「腹立たしく思う人もいるかも」という旨の記述を残しているが、「応援してくれているのは分かっているのに、自分の弱さで素直に受け止められなかった時の気持ちなども本音で隠さず書いたので…。でも、引退で気持ちが楽になったこともありますし、思っていた以上に素直に書けました」と説明した。

 引退後はアイスショーの練習のほかは友人と旅行に行くなどしているそうで、「28歳になってキャンパスライフをしています。学生時代はスケート漬けだったので、余計に楽しいですね」と笑顔。練習量が激減したため、「腰のくびれがなくなりました。前は3食しっかり食べないともたなかったけれど、今は夜はサラダとスープだけにしています」と“ダイエット”をしていることも明かした。

 今後は、語学習得などのため米国留学を予定しているそうで「どこに行くとも決めていなくて、これからリサーチします。もういいやと思うくらいまでいて、(英語が)ペラペラになりたいですね。できなかった時はその時で」と楽観的。来年には30歳の節目を迎えるが、「男は30歳からと言われているし、1~2年でゆっくりと今後の目標を決めていいたい」とした。

 恋愛については、「もうちょっとしゃんとした大人になってから」と苦笑い。かねて「前髪パッツンで赤い口紅が似合う人がタイプ」と公言しているが、「個性的な人が好きですね。今はシシド・カフカさんがドンピシャではまっています。背は高いですけれど」ときっぱり。取材陣から同じタイプとしてお笑い芸人の渡辺直美(27)の名前が出ると「キャラクターとしては大好きですよ」とかわしていた。
////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。