2015年02月13日

岡山県版「創生総合戦略」作成へ /地方版総合戦略に数値目標 岡山県が骨子素案決定

岡山県版「創生総合戦略」作成へ /地方版総合戦略に数値目標 岡山県が骨子素案決定
////
Okayama Prefecture version to "Creation comprehensive strategy" created

Outline draft of Okayama Prefecture on the 12th, of population decline measures the government has formulated to promote a "local creation" five-year plan "town-people-work creation comprehensive strategy" to be based prefecture version comprehensive strategy (2015-19 fiscal year) me a summary. About the role of the province "to take measures for the common problem-solving that many municipalities faced" it was like.
In outline draft, responding to halt ▽ population decline society to society down and attrition of the population - of it is assumed from two points forward measures, as measures example, promoting ▽ women founded support ▽ government of economic assistance to child care home transfer acceptance study of related organizations - I mentioned, and the like.
I was approved at the second meeting of the open Okayama creation comprehensive strategy Headquarters (General Manager, Italian wood Ryuta governor) in this day prefectural government. Ken summarizes the outline proposal by the end of March, scheduled to be completed a comprehensive strategy this fall.
Incorporating numerical targets for comprehensive strategy, to proceed while checking the progress. Governor has said "I want a strategy that emphasizes the results."
////
岡山県版「創生総合戦略」作成へ

岡山県は12日、「地方創生」を進める政府が策定した人口減少対策の5カ年計画「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づく県版総合戦略(2015~19年度)の骨子素案をまとめた。県の役割について「多くの市町村が抱える共通課題解決のための施策を講じる」などとした。
 骨子素案では、人口の社会減と自然減に対する歯止め▽人口減少社会への対応—の2点から対策を進めるとし、施策例として、子育て家庭への経済的支援の推進▽女性の創業支援▽政府関係機関の移転受け入れ検討—などを挙げた。
 この日県庁で開かれたおかやま創生総合戦略推進本部(本部長・伊原木隆太知事)の第2回会議で了承された。県は3月末までに骨子案をまとめ、今秋に総合戦略を完成させる予定。
 総合戦略に数値目標を盛り込み、達成状況を点検しながら進める。知事は「結果を重視する戦略としたい」としている。
////
地方版総合戦略に数値目標 岡山県が骨子素案決定

国が各自治体に平成27年度中の策定を求めている地方版総合戦略について、県は12日、推進本部会議を開き、骨子素案をまとめた。伊原木隆太知事は施策の達成度を測るバロメーターとして具体的な数値目標を盛り込む方針を示した。数値目標は県の長期指針「晴れの国おかやま生き活きプラン」などに準じるとみられる。総合戦略は秋をめどに国に提出する。

 骨子素案は「人口減少問題の克服」と「持続的な発展」をベースに作成した「おかやま創生総合戦略」。妊娠・出産・子育てを支援する少子化対策や企業誘致、移住定住施策、教育環境整備など県が取り組むべき施策を網羅した。

 このうち少子化対策としては、現在1・49にとどまっている合計特殊出生率(女性が生涯に産む子供数)を1・61まで引き上げる-が「岡山いきいき子どもプラン」(平成27~31年度)に掲げられていることが報告され、総合戦略にも数値目標が盛り込まれるもようだ。県内の25年の合計特殊出生率は1・49。全国平均の1・43を上回るが、中国地方では最低だった。

 県は28年度を達成年度とする生き活きプランに「全国学力テストの順位を小中とも10位以内」など目安となる数値を掲げ、施策を進める指標としている。伊原木知事は「総合戦略はアイデア勝負になる。骨子素案は網羅的であり、整合性があり、いいたたき台になったと思う」と評価した。

 国は昨年末に「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を閣議決定し、県や市町村などに27~31年度地方版総合戦略を策定するよう求めている。

////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。