2015年02月22日

シーガルズ、NEC下し2位浮上 岡山

シーガルズ、NEC下し2位浮上 岡山
シーガルズ セッツター 宮下.jpg

シーガルズ 美人 サポーター ガッツ.jpg
////
SHIGARUZU and NEC taking about 2 leap Okayama

4 games for each of men and women had volleyball V and a premiere league at Kawasaki-shi roar arena on the 21st, and 2nd place of Okayama SHIGARUZU of a 3rd place of girl won against NEC by 3-0. Summing up, 12 win surfaces in about 2 by the rate of setting difference as well as NEC in World Cup point 36 of 8 losses. Passage at more than 3rd place left a game of regular round, and was fixed.
The 1st set and 15 by which SHIGARUZU ran after at most 6 points? Left Kaneda investment changes a flow and anticipates by the reverse in 18. The 2nd set, Wright Asazu and left Sasaki and others, both sides pulled an attack and took the 3rd set away by 31-29 at the end of juice.
The last 1 frame decision I advance towards a playoff "final 6" is carried over on the 22nd of regular round last day. Hitachi is defeated soundly at Hisamitsu Pharmaceutical 6th place, the lowest rank fall. It was a big melee because DENSO avoided about 7 Toyota Auto Body by a full set, and 8th place of World Cup point 2 had been added. ▽ Female Okayama SHIGARUZU 3-0 NEC 25-23 25-21 31-29 Okayama SHIGARUZU, 12 win loses 8 (36), NEC wins 12, 8 losses (36)
[Criticism] Okayama SHIGARUZU took the inferior 1st set away by the reverse and gained impetus. A center line lost at most 6 lead to this set which met severe Mark, but a side group rouses up. Wright Asatsu and left Kaneda of way appearance finished deciding from 21-23, and I anticipated by 4 continuous scoring. When I held the 2nd or 3rd set of initiative in an early stage, the swift attack of Yamaguchi of a center and others was also distinctive at an important position. Good connected linked to the score from good receiving of Maruyama and Kaneda also shone.
12 also had a point lost by a mistake of an attack and service, and NEC left a flow.
////
シーガルズ、NEC下し2位浮上 岡山

バレーボールV・プレミアリーグは21日、川崎市とどろきアリーナなどで男女各4試合があり、女子3位の岡山シーガルズは2位NECに3-0で勝った。通算12勝8敗の勝ち点36でNECと並び、セット率差で2位に浮上。レギュラーラウンド1試合を残し、3位以上での通過が確定した。
 シーガルズは最大6点を追った第1セット、15?18でレフト金田投入が流れを変え、逆転で先取。第2セットはライト浅津、レフト佐々木ら両サイドが攻撃を引っ張り、第3セットはジュースの末に31-29で奪った。
 プレーオフ「ファイナル6」に進む最後の1枠決定は、レギュラーラウンド最終日の22日に持ち越し。6位日立は久光製薬に完敗し、最下位転落。8位デンソーが7位トヨタ車体をフルセットで退け、勝ち点2を加えたため、大混戦となった。▽女子岡山シーガルズ3-0NEC 25-23 25-21 31-29岡山シーガルズ12勝8敗(36)NEC12勝8敗(36)
 【評】岡山シーガルズは劣勢の第1セットを逆転で奪い、勢いに乗った。センター線が厳しいマークに遭ったこのセットは最大6点のリードを許したが、サイド陣が奮起。21-23からライト浅津や途中出場のレフト金田が決めきり、4連続得点で先取した。第2、第3セットは序盤で主導権を握ると、要所でセンター山口らの速攻も飛び出した。丸山や金田の好レシーブから得点につなげた連係の良さも光った。
 NECはアタックとサーブのミスによる失点が12もあり、流れを手放した。
////
シーガルズ アタッカー 山口.jpg
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | シーガルズ、NEC下し2位浮上 岡山 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。