2015年02月26日

老舗旅館「加賀屋」接客の極意は 岡山

老舗旅館「加賀屋」接客の極意は 岡山
おもてなし.jpg
////
The innermost secret of long-established store Japanese-style hotel "Kaga shop" service Okayama?

The "Okayama hospitality cramming school" where he plans for improvement of hospitality consciousness to the tourist who visits Okayama-ken (Sanyo Shinbun company sponsorship) held Sanyo Shinbun company in Okayama-shi Kita-ku Yanagi-machi at a ta hole on the 25th, and Oda yo Yukihiko in a long-established store Japanese-style hotel in Ishikawa-ken and Wakura hot spring "Kaga shop" (He gave up and pulled.) showed the innermost secret of the service a president (46) has grown for a long time.
Though 1450 people are a large Japanese-style hotel in sleeping accommodations, Kaga seller of 1906 year foundation is spangled with tenderhearted service successively for 35 years in the 1st place of total of "the Japanese hotel and 100 elections of Japanese-style hotel a professional chooses" (travel newspaper Arata company sponsorship). President Oda "carries to provide for the smiling face it's easy to speak to which and read visitor's needs accurately without exception" about a reason of evaluation, a catch is explained.
If it "was when the person who serves guests gave priority to his arrangements, and communication with a visitor wasn't enough, that the claim tends to occur on it", it was pointed out, and "It's the mission that hotel business entertains a guest and pours energy tomorrow. I had to make a hospitality (heart of hospitality) compatible with accuracy for it." was stated.
About 300 people attend a lecture. There was also a social gathering with which President Oda was surrounded.
////
老舗旅館「加賀屋」接客の極意は 岡山

岡山県を訪れる観光客へのおもてなし意識の向上を図る「岡山おもてなし塾」(山陽新聞社主催)が25日、岡山市北区柳町の山陽新聞社さん太ホールで開かれ、石川県・和倉温泉の老舗旅館「加賀屋」の小田與之彦(よしひこ)社長(46)が、長年培ってきた接客の極意を披露した。
 1906年創業の加賀屋は、1450人収容の大型旅館ながら、こまやかなサービスで「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」(旅行新聞新社主催)の総合1位に35年連続で輝いている。小田社長は、評価の理由について「話しかけやすい笑顔を心掛け、客のニーズを的確に読み取ることを徹底している」との受け止めを説明。
 その上で、クレームが起きやすいのは「接客する人が自らの段取りを優先したり、客とのコミュニケーションが足らない時だ」と指摘し、「旅館業は宿泊客をもてなし、明日への活力を注入するのが使命。そのためには正確性とホスピタリティー(もてなしの心)を両立させなくてはいけない」と述べた。
 講演会には約300人が出席。小田社長を囲んだ懇親会もあった。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:02| Comment(0) | 老舗旅館「加賀屋」接客の極意は 岡山 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。