2015年02月27日

避難者はなぜ岡山に移住したのか

避難者はなぜ岡山に移住したのか
岡山 カープ女子.jpg
/////
Or evacuees Why emigrated to Okayama

For actual situation of evacuees understanding regional exchange event "Why is mom chose to emigrate to Okayama?" By the Great East Japan Earthquake on the 26th, was held in Okayama participation of Okayama, Kita-ku, Omote-machi. Sponsored by the party group "Okayama meeting to start a life."
Ogata Kiyotaka part-time lecturer of Okayamarikadai is, report the refugees living conditions maker of investigation. Other circumstances that fled to Okayama from concerns about radiation due to the Fukushima No. 1 nuclear power plant accident, the economic hardship of the mother and child evacuation not stomach rely person is near, and pointed out the problems occur in isolation, such as sudden evacuation from the surrounding was.
The evacuees common denominator of which is Tokekome in Okayama "can close companions and friends of the same circumstances, is also familiar with local children" is described as. I was called for aggressive acceptance to the participants.
Okayama, Kita-ku, visited from local, female (60) said, "of people who are evacuated to Okayama situation was well understood. Want to think what we can do."
/////
避難者はなぜ岡山に移住したのか

東日本大震災による避難者の実情について理解を深める地域交流イベント「なぜお母さんは岡山への移住を選んだのか?」が26日、岡山市北区表町のさんかく岡山で開かれた。当事者グループ「おかやまくらしをはじめる会」の主催。
 岡山理科大の緒方清隆非常勤講師が、調査を手掛ける避難者の生活実態を報告。東京電力福島第1原発事故に伴う放射線への懸念から岡山に逃れた経緯のほか、頼れる人が近くにいない母子避難の経済的困窮、周囲からの孤立など、突然の避難で生じた課題を指摘した。
 岡山に溶け込めている避難者の共通項としては「同じ境遇の仲間や友人が近くにでき、子どもも地元になじんでいる」と説明。参加者に積極的な受け入れを呼び掛けた。
 地元から訪れた岡山市北区、女性(60)は「岡山へ避難している人の実情がよく分かった。私たちに何ができるか考えたい」と話した。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:03| Comment(0) | 避難者はなぜ岡山に移住したのか | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。