2015年02月28日

県立図書館の図書購入費確保へ 岡山

県立図書館の図書購入費確保へ 岡山
okayama 図書館.png
////
To book buying expenses securement of prefectural library Okayama.

A regular Okayama prefectural assembly resumed a plenary session on the 27th in February, and I entered representatives' interpellation. To secure the book buying expenses of the prefectural library (Okayama-shi Kita-ku Marunouchi), Ibaraki Ryuta governor expressed the idea that it's reserved periodically from fiscal year 2015 to the special purpose fund assigned to funds.
Answer to Mr. Manabu Amano of LDP (Kasaoka-shi). Because the number of visitors and the loan to individuals number of books of the prefectural library were about 1 of the capital way central prefectural library for 9 years continuously, a governor stated "It was very important to be responding to the expectation of inhabitant of a prefecture continuously. He'd like to reserve periodically to a fund from now on so that stable resource acquisition might become possible."
A fund saves and provides 2,400,000,000 yen, and demolishes 170,000,000 yen a year as after fiscal year 04 when prefectural library opened and a principle and assigns to book purchase. The balance is less up to 1,060,000,000 yen by 14 end of the fiscal year possibility because I'm serving only by free investment profit and a donation, and exhaustion is expected in fiscal year 23.
The policy a prefecture is based on having passed for 10 years from opening, and which compresses the buying expenses into 120,000,000 yen from fiscal year 15. The collection rate of the new publication book is the possibility to go down to about 50 % from about 70 %, but I say to the 2nd that it's expensive following Tokyo by the capital way central prefectural library.
Democratic* questions Ms. Masako Nakagawa of an inhabitant of a prefecture club (Okayama-shi Higashi-ku) about grasp method of area needs about prefecture edition integrated strategy of local creation. We assumed "I exchanged views with a city, a university and NPO, and an investigation with a fieldwork (field research) and an analysis were also put into effect." for a governor.
////
県立図書館の図書購入費確保へ 岡山

2月定例岡山県議会は27日、本会議を再開して代表質問に入った。伊原木隆太知事は、県立図書館(岡山市北区丸の内)の図書購入費を確保するため、財源に充てる特定目的基金に2015年度から定期的な積み立てを行う考えを表明した。
 自民党の天野学氏(笠岡市)への答弁。知事は、県立図書館の来館者数と個人貸出冊数が9年連続で都道府県立図書館の1位となっていることから「引き続き、県民の期待に応えていくことは大変重要。安定的な資料収集が可能となるよう、今後、基金への定期的な積み立てを実施していきたい」と述べた。
 基金は24億円を積み立てて設け、県立図書館が開館した04年度以降、原則として年1億7千万円を取り崩して図書購入に充てている。ただ運用益と寄付だけで賄っているため、残高は14年度末見込みで10億6千万円まで減り、23年度には枯渇が見込まれている。
 県は開館から10年経過したことを踏まえて、15年度からは購入費を1億2千万円に圧縮する方針。新刊図書の収集率は70%程度から50%程度に下がる見込みだが、都道府県立図書館では東京に次いで2番目に高いという。
 民主・県民クラブの中川雅子氏(岡山市東区)は、地方創生の県版総合戦略について、地域ニーズの把握方法を質問。知事は「市町村や大学、NPOなどと意見交換し、フィールドワーク(実地調査)を伴う調査・分析も実施する」とした。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:03| Comment(0) | 県立図書館の図書購入費確保へ 岡山 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。