2015年02月28日

シーガルズ「結束力で戦い抜く」

シーガルズ「結束力で戦い抜く」
シーガルズ アタッカー 山口.jpg
////
SHIGARUZU "I fight it out by the union power."

A press conference by a director and a captain of each team was held at the Osaka-shi center gymnasium which becomes a meeting place of the first match on the 27th with the start of the playoff with which I argue about 6 teams of regular round dominance of volleyball V and a premiere league girl "final 6" (28 days) at the front. Kawamoto director and Yamaguchi captain told Okayama SHIGARUZU about a decision.
SHIGARUZU is summed up, 13 win passes a 3rd place of the said round in World Cup point 38 of 8 losses. About state of battle to here, Kawamoto director, "Potential energy has risen more than last season. Each, I'd like to utilize the additional value I got by the thing confronted with a problem by a playoff.", I made a confidence spread.
1st game of 6 team takes on at having no losing tickets in final 6. A durability point of 5-0 is given according to the order of the regular round, and SHIGARUZU has it and starts by point 3. Hisamitsu Pharmaceutical by which a partner of the important first match was defeated in the final last season by a 1st place of the said round. I stare at a war for 4 weeks until March 22 including crash with an old enemy, Yamaguchi captain, "I think it'll be a severe war, I'd like to fight it out until the end by the union power of the team.", a decision was described.
It's 3 teams of dominance that final 6 can be won. I advance 1st place towards a final (April 4 and Tokyo gymnasium), hang Japanese best with a winner of a semifinal by 2 or about 3 "final 3" (March 28 and Xebio arena Sendai) and fight.

////
シーガルズ「結束力で戦い抜く」

 バレーボールV・プレミアリーグ女子のレギュラーラウンド上位6チームで争うプレーオフ「ファイナル6」の開幕(28日)を前に、各チームの監督、主将による記者会見が27日、初戦の会場となる大阪市中央体育館で開かれた。岡山シーガルズは河本監督、山口主将が意気込みを語った。
 シーガルズは通算13勝8敗の勝ち点38で同ラウンドを3位通過。ここまでの戦いぶりについて河本監督は「昨季より底力が上がってきた。各自が課題に向き合ったことで得た付加価値をプレーオフで生かしていきたい」と自信をにじませた。
 ファイナル6は、6チームが1回戦総当たりで対戦。レギュラーラウンドの順位に応じて5~0の持ち点が与えられ、シーガルズは持ち点3でスタートする。大事な初戦の相手は同ラウンド1位で昨季、優勝決定戦で敗れた久光製薬。宿敵との激突を含め、3月22日まで4週にわたる戦いをにらみ、山口主将は「厳しい戦いになると思うが、チームの結束力で最後まで戦い抜きたい」と決意を述べた。
 ファイナル6を勝ち抜けるのは上位3チーム。1位は優勝決定戦(4月4日・東京体育館)に進み、2、3位による準決勝「ファイナル3」(3月28日・ゼビオアリーナ仙台)の勝者と日本一を懸けて戦う。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07| Comment(0) | シーガルズ「結束力で戦い抜く」 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。