2015年03月01日

秋篠宮さま、佳子さまが倉敷訪問 岡山

秋篠宮さま、佳子さまが倉敷訪問 岡山
秋篠宮さま、佳子さま.jpg

佳子さまが倉敷訪問.jpg
佳子さま スケッチ
/////
Mr. Akishinonomiya and Keiko are a storage charge visit.

For 28 days and a local inspection of circumstances, Keiko of Mr. Akishinonomiya and the second daughter arrived at Okayama-ken. I'll stay at Kurashiki-shi esthetic area until the 1st. It's my first time for Keiko's who became majority royalty in December of last year visiting an area by public duties.
Two people who entered Okayama at an air route from Tokyo arrive at Ohara Museum of Art in the said city center in the evening. I go around inside of the building by a guide of Ohara Kenichiro chief director in the said house and Takashina Hideji director, Gauguin and Torajirou Kojima and others, it was appreciated focusing on a near present-day western movie in Western countries and the country.
I stopped for a while in front of the most important work of painter Pizarro of French impressionism "apple adoption", and a smiling face was shown while nodding at the drawn gentle scene. In the method which indicates the interest in contemporary artist's work for Keiko and is novel again, "There are various expressions, and the one as art is fascinating.", you were speaking.
The surrounding road was crowded with the citizen who thronged and a tourist at 1:00 in order to glimpse two people.
You're planning to appreciate an installation using Belgian flower by a flower artist and vegetation
(spatial art) and return to Tokyo by an air route in the afternoon at the said art museum and the "flower of Kurashiki Daniel and OSUTO and heart" show begun by a national important cultural asset and old Ohara family housing (said address) for 1 day.
/////
秋篠宮さま、佳子さまが倉敷訪問

秋篠宮さまと次女の佳子さまが28日、地方事情視察のため、岡山県入りされた。1日まで倉敷市美観地区に滞在する。昨年12月に成年皇族となった佳子さまが、地方を公務で訪れるのは初めて。
 東京から空路で岡山入りしたお二人は夕方、同市中央の大原美術館に到着。同館の大原謙一郎理事長、高階秀爾館長の案内で館内を回り、ゴーギャンや児島虎次郎ら西洋、国内の近現代洋画を中心に鑑賞された。
 フランス印象派の画家ピサロの代表作「りんご採り」の前ではしばらく立ち止まり、描かれた穏やかな情景にうなずきながら笑顔を見せた。また佳子さまは、現代作家の作品に関心を示し、斬新な手法に「芸術というのはさまざまな表現があって、面白いですね」と話されていた。
 周辺の道路などは、お二人を一目見ようと詰め掛けた市民や観光客で一時混雑した。
 1日は同美術館や国重要文化財・旧大原家住宅(同所)で開幕する「倉敷
 ダニエル・オストの花と心」展で、ベルギーのフラワーアーティストによる花や草木を使ったインスタレーション(空間芸術)を鑑賞し、午後、空路で帰京される予定。
/////
<佳子さま>秋篠宮さまと大原美術館を訪問 岡山・倉敷

秋篠宮さまと次女の佳子さまが28日夕、地方事情視察で岡山県倉敷市の美観地区にある大原美術館(同市中央1)を訪問された。大原謙一郎理事長(74)や高階秀爾館長(83)らの案内で作品を鑑賞した。

 佳子さまは成年皇族として初の地方での公務。エル・グレコの「受胎告知」やモネの「睡蓮(すいれん)」など、西洋絵画の巨匠たちの作品が中心の本館と、国内の近・現代作家作品が中心の分館を熱心に見て回った。美術館周辺には、2人の姿を見ようと多くの人が集まり、入館時には「佳子さま」と声を掛けるなどした。

 1日は、同館中庭や近くの旧大原家住宅(国重文)などで開かれるベルギー出身の著名なフラワーアーティストの作品展「倉敷 ダニエル・オストの花と心」を見学される予定。
/////
佳子さま地方初公務 美術作品を鑑賞

秋篠宮さまと次女の佳子さまは先月28日、世界的に有名な美術作品を所蔵する岡山県倉敷市の美術館を訪れ、作品を鑑賞されました。

秋篠宮さまと佳子さまは28日夜、世界的に有名な西洋美術の作品をはじめ、およそ3000点を所蔵する倉敷市の大原美術館を訪ねられました。
そして美術館の館長の説明を興味深そうに聞きながら、印象派を代表するフランスのクロード・モネやカミーユ・ピサロの作品などをご覧になりました。
去年12月に二十歳になった佳子さまが、成年皇族として地方での公務に臨むのはこれが初めてで、若手芸術家の現代アートの作品を鑑賞した際には、「芸術はさまざまな表現があっておもしろいですね」と話されていたということです。
美術館の高階秀爾館長は「秋篠宮さまからは最後に『またゆっくり見たいです』とおっしゃっていただきました。とても熱心にご覧になり、うれしいです」と話していました。
////
秋篠宮さまと佳子さま、大原美術館を見学 岡山

大原美術館(倉敷市中央1丁目)の作品や周辺で1日から始まる「倉敷 ダニエル・オストの花と心」展を鑑賞するため、秋篠宮さまと次女佳子さまが28日、来県した。お二人は夕方から大原美術館を訪れ、西洋画や現代美術についての説明に時折うなずきながら熱心に聴き入っていた。


 モネの「睡蓮(すいれん)」の前で高階秀爾館長(83)からスイレンが浮かぶ水面に空も映っているという説明を受け、佳子さまは「空間が広がりますね」と答えたという。ピサロの「りんご採り」は日本の版画に影響を受けたという説明を聞き、秋篠宮さまは興味深げな様子だったという。観覧を終え、秋篠宮さまは「ゆっくり見てみたいですね」と話し、佳子さまは若い現代作家の表現に興味を持ったようだったという。高階館長は「お二人とも気取らず、自然に楽しんでおられた」と話した。
//////
<皇室>秋篠宮さま、佳子さま グレコ、モネご鑑賞 大原美術館 /岡山

秋篠宮さまと次女の佳子さまは28日夕、地方事情視察で倉敷市・美観地区の大原美術館(同市中央1)をご訪問。大原謙一郎理事長(74)や高階秀爾館長(83)らの案内で作品鑑賞された。

 佳子さまは成年皇族として初の地方での公務。エル・グレコの「受胎告知」やモネの「睡蓮(すいれん)」など、西洋絵画の巨匠たちの作品が中心の本館と、国内の近・現代作家作品が中心の分館を熱心に見て回った。美術館周辺には、2人の姿を見ようと多くの人が集まり、入館時には「佳子さま」と声を掛けるなどした。

 1日は、同館中庭や近くの旧大原家住宅(国重文)などで開かれるベルギー出身の著名なフラワーアーティストの作品展「倉敷 ダニエル・オストの花と心」を見学される予定

//////
佳子さまが倉敷を訪問 秋篠宮さまと若手作家の絵画鑑賞 岡山県倉敷市

秋篠宮さまと次女佳子さまは2月28日、岡山県倉敷市を訪れ、「日本初の西洋美術中心の私立美術館」と言われる大原美術館を視察した。

 秋篠宮さまと佳子さまは、常設展示の絵画約200点を、およそ1時間半かけて鑑賞。若手作家の絵画の前で、佳子さまは「芸術というのは様々な表現があっておもしろいですね」と感想を述べたという。

 美術館付近では約1600人の市民が出迎え、お二人は笑顔で手を振って応えた。3月1日に帰京する。
//////
大原美術館 秋篠宮さまと佳子さま ピサロなど200点鑑賞  岡山倉敷

◇大原美術館 秋篠宮さまと佳子さま




 秋篠宮さまと次女佳子さまが28日、倉敷市中央の大原美術館を訪問された。お二人は1日まで同市に滞在され、同館や旧大原家住宅などで同日開幕する「倉敷 ダニエル・オストの花と心」展をご覧になる。

 同館では28日、高階秀爾館長の説明を受けながら約1時間半かけ、印象派を代表するカミーユ・ピサロの「りんご採り」、若手日本人画家の現代芸術作品など所蔵品約200点を鑑賞。1点ずつ筆遣いに見入り、来歴などを質問された。佳子さまは「様々な表現があり、面白いですね」などと話されたという。

 高階館長は「それぞれの作品に非常に興味を持っていただき、時間が足らず恐縮した。佳子さまは特に若手の作品の大胆さや描き方にご関心を持たれていたようだ」と話していた。

//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:08| Comment(0) | 秋篠宮さま、佳子さまが倉敷訪問 岡山 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。