2015年03月06日

地域の個性を磨いてこそ成る「地方創生」 岡山県真庭市「里山資本主義」/人口ビジョン策定へ独自推計 定例岡山県議会

地域の個性を磨いてこそ成る「地方創生」 岡山県真庭市「里山資本主義」など
岡山県真庭市.png
/////
A subsystem for which I don't depend on money is reorganized.

This handwriting calls the present global economy the "money capitalism" which is "macho economy". And the alarm is given in becoming this thought wholehearted devotion to one side and the "Satoyama capitalism" which is "flexible economy" of this and an opposite side is advocated.

"Satoyama capitalism" is defined as "the way of thinking which will reorganize a subsystem by which circulation of money doesn't depend on money for anything secretly next to the built economic system of "money capitalism" by the decided premise".

Even if it becomes scarce in money by utilizing property from the previous modern times called Satoyama specifically, I say the practice for which we'll prepare the mechanism to keep getting water, food and fuel necessary to live beforehand as so-called insurance.

And I make anxiety, dissatisfaction and a distrust to the future born in "money capitalism" get over "Satoyama capitalism", and explains that it'll be a countermeasure to a decline in the number of births and aging.

This note describes several cases in detail, and develops such way of thinking. For example talk of the sawing company which rearranged management by using the junk of trees from a sawing factory for generation of electricity by Okayama-ken Maniwa city as well as processing it into fuel as a woody pellet and selling it. Talk of the jam seller who is making the profit while building a relation between local fruiter producer and win - win at Suo-oshima in Yamaguchi-ken. Inmate's fun is also the fact of a social welfare corporation that it was taken back by utilizing a vacant house as a day service center by Shobara-shi, Hiroshima as well as using the vegetables an inmate makes by facilities, planning for curtailment of expenses.
/////
地域の個性を磨いてこそ成る「地方創生」 岡山県真庭市「里山資本主義」など

「里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く」(藻谷浩介/NHK広島取材班、角川書店)

1月末から通常国会が始まり、今、まさに平成27年度予算について議論が行われている。その平成27年度予算の3本柱の一つである「地方創生」は、我々が今、全力で取り組まなければならない最重要テーマであり、その検討課題の一つが、中山間地域といった条件不利地域をどのように考えるかである。

条件不利地域は、基本的には国の支援なしには成り立たない。しかし、現在我が国が直面する少子高齢化や巨額の財政赤字といった問題を考えれば、国が一方的に支援する構造から脱却し、そうした地域でもある程度自律的なサイクルを構築する必要がある。

そうした問題意識を持ちながら、ふと手に取ったのが本書だ。
//
お金に依存しないサブシステムを再構築

本書は、現在のグローバルな経済を「マッチョな経済」である「マネー資本主義」と名付ける。そして、この考え方一辺倒になることに警鐘を鳴らし、これと対極の「しなやかな経済」である「里山資本主義」を提唱する。

「里山資本主義」は、「お金の循環がすべてを決するという前提で構築された『マネー資本主義』の経済システムの横に、こっそりと、お金に依存しないサブシステムを再構築しておこうという考え方」と定義されている。

具体的には、里山という前近代からの資産を活用することにより、お金が乏しくなっても、我々が生きるのに必要な水と食料と燃料が手に入り続ける仕組みをいわば保険として予め用意しておこうという実践だという。

そして、「里山資本主義」は、「マネー資本主義」の中で生まれた将来に対する不安・不満・不信を乗り越えさせ、少子化や高齢化に対する解決策となると説く。

本書はこうした考え方をいくつかの具体的な事例を述べて展開する。例えば、岡山県真庭市で製材工場から出る木くずを発電に用いるとともに木質ペレットという燃料に加工して販売することにより経営を立て直した製材会社の話。山口県の周防大島で地元の果樹生産者とwin-winの関係を築きながら利益を上げているジャム屋さんの話。広島県庄原市で空き家をデイサービスセンターとして活用するとともに入所者が作る野菜を施設で利用することにより、経費節減を図りつつ入所者の張り合いも取り戻した社会福祉法人の話などだ。
//
富を産み出す源泉を山に求める

本書の全体を通じての論調は、さほど目新しいものではない。一言で言えばグローバリズムへのアンチテーゼ。「物質的な豊かさ」に対して「精神的な豊かさ」の重要性を強調したり、「ナンバーワン」ではなく「オンリーワン」でいいと言ってみたりしてきた論調の一形態である。

しかし、「里山」を起点としたサブシステムを構築するという提案は、条件不利地域における「地方創生」を考えるに当たって重要な視点を再認識させられる。

一つは、富を産み出す源泉を山に求めるという視点だ。山は基本的に条件不利地域を形成する大きな要因であり、実際多くの条件不利地域は山村だ。これに対し、本書は「マネー資本主義の下では条件不利とみなされてきた過疎地域にこそ、つまり人口当たりの自然エネルギー量が大きく、前近代からの資産が不稼働のまま残されている地域にこそ、より大きな可能性がある」と指摘する。

このように、地域に豊富に存在する「山」というものを資源化し、それを最大限活用できれば、条件不利地域においても、自律的かつ持続的な社会・経済活動が十分可能になる。上述の真庭市の製材会社の例では、木くずを活用することとした結果、以前に比べて年間4億円収支が改善し、更にその上、木質ペレットの販売による収入も得られるという。なにも、こうした地域に日本全体を支えるだけの富を産み出すことを期待する必要はない。その地域を支えられるだけの富を産み出すだけで十分だ。そういった地域がいくつも出てくれば、地方の創生は大きく進む。

ハコモノによる振興に頼らない

もう一つは、工場の誘致や観光の振興といった従来型の地域振興に頼らないという視点である。つまり、外部からハコモノを調達することによってではなく、それぞれの地域において、当たり前と考えられてきたものに価値を見出し、それを資源として活用することによって、地域を活性化しようとすることである。本書は、「価値がないと思い込んでいたものが実は町作りの武器になる、東京にはないものだからこそ、東京とは違う魅力をつくっていける」と指摘する。

条件不利地域に東京と同じものを再現しようとすれば、初期コストだけでなく、その維持管理コストも莫大になる。他方、その地域はそもそも「条件不利」なので、そうしたことをしたとしても他の地域と比較して特段魅力が増すわけではなく、結局は重いツケだけが残るといったことになりがちだ。そうではなく、その地域の個性をより磨く形で地域振興をすることが重要なのだ。

これらの点は当たり前といえば当たり前だが、本書ではこうした点が実例を交えて熱く語られており、やはりそうだなと実感させられる。そして、国としても、こうした先進的な取組に最大限応えるべく、障害となっている制度を改善したり、背中を押すための財政的支援を行ったりすることが必要だと強く感じる。

しかし、全ての地域が本書で語られているような実践をするわけではないだろう、と考える時、そうした地域に対して我々はどう関与すべきか、ということも同時に考えさせられる。地域間競争の中で自然に淘汰されるのに任せるべきか。パターナリスティックに介入すべきか。介入するとして、バラマキ以上の何かができるか。人口減少社会が現実のものとなる中、「地方創生のために何をすべきか」というのは大きな課題だが、「どこまでするか」というのもまた大きな課題なのだ。
/////
口ビジョン策定へ独自推計 定例岡山県議会

2月定例岡山県議会は5日、一般質問を続行。高原俊彦(民主・県民クラブ、岡山市北区・加賀郡)、小林義明(自民、新見市)、池本敏朗(同、備前市・和気郡)、原田唯良(民主・県民クラブ、倉敷市・都窪郡)の4氏が県政全般をただした。県は、地方創生の県版総合戦略とともに今秋に将来展望として取りまとめる「人口ビジョン」について、施策効果を織り込んだ独自の推計を取り入れる方針を明らかにした。
 小林氏が推計人口の算出方法を尋ねたのに対し、藤井伸総合政策局長は「総合戦略に基づく施策の効果を踏まえて(転出入の)移動率や出生率など県独自の仮定値を設定し、人口推計を行っていきたい」と答弁した。
 人口ビジョンは2060年までの期間を基本に策定する。現在の人口推計は国立社会保障・人口問題研究所の値を使っているが、県の実態に合わせて独自の手法を用いる。
 高原氏は、1月に導入された難病患者の医療費助成新制度で、県内対象者の移行状況について質問。伯野春彦保健福祉部長は「(申請期限の)2月末までに既認定者の約96%に当たる1万6245人が更新申請しており、概ね順調」との認識を示した。
 池本氏は、国が15年度から農林漁業者向けファンドの拡大など6次産業化の支援強化を打ち出していることを踏まえ、県の対応を聞いた。佐藤一雄農林水産部長は「県では(農業団体などとつくる)既存組織を新たな協議会に再編した上で戦略を策定し、ファンドからの出資拡大につなげたい」とした。戦略には5年程度の取り組み方針を織り込む予定。
 原田氏は、小中一貫教育校が全国に広がっているとして、県内での導入を求めた。竹井千庫教育長は「9年間を通した計画的教育など、義務教育を改善する有効な方策の一つ」と答弁。小中連携を進めるため、県教委としては15年度から教員の加配制度を新設する方針を明らかにした。
/////
津山・衆楽園で松のこも焼き

冬ごもりしていた虫が動き出すとされる二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」(6日)を前に、国名勝・衆楽園(津山市山北)で5日、春の訪れを告げる風物詩、松のこも焼きが行われた。
 市観光協会の職員2人が、昨年10月に園内のアカマツやクロマツ約80本に巻きつけた稲わら製のこも(縦0・45メートル、横1・8メートル)を取り外し、池に浮かぶ紅葉島に集めてたいまつで点火。茶室「風月軒」をバックに、こもはパチパチと音を立てて勢いよく燃え上がった。
 こも焼きは伝統的な防虫法で、ハダニやカメムシなどの害虫が冬を越すために枝から下りる習性を利用し、こもに誘い込んで駆除する。
 園内では2月下旬から梅の花が咲き始めており、3月中旬に見頃を迎えるという。
////
春は、近い?
津山 鶴山公園 春.png
////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。