2015年03月06日

岡山の大学生が「センキョ割」活動-「学生投票率100%」目標に =クラウドファンディング=

岡山の大学生が「センキョ割」活動-「学生投票率100%」目標に =クラウドファンディング=
桃瀬美咲 スケッチ よ.jpg
////
Okayama's college student, in a "considering SENKYO" activity - "student voting rate 100%" target = cloud funding=.

The "considering SENKYO" activity that Okayama's 3 college students had young people's voting rate improvement for their object at present is being performed.

The meeting landscape of "considering SENKYO"

The mechanism that service is got when the said activity developing for the 18th time nationwide local elections on April 12 shows the voting certificate that it's issued to the young people who went to election at a cooperation store.

The "SENKYO percentage" by which a model of the said activity is performed in Yokohama from the House of Representatives general election in 2012. The voting rate was recognized by many young people by Yokohama and gathered participants, and improved.

I say Okayama University of Science was 1st grader and he became a priest in order to have made the future with the hand taking the held "UNESCO world conference about" ESD as a start at Okayama last year, and to make it the town where young people have the interest in politics and go to voting, that Mr. Kajihara, the leader initiated the said new project.

Negotiations to a "considering SENKYO" cooperation store and the negotiations which establish a polling place in each university of a prefecture are being developed at present, and several stores in Okayama Omotecho shopping area have decided participation.

"The forum I tell about young people and Masaji" also opens to have a reliable idea in election and politics on March 21.

Project members are enthusiastic with "by Okayama's student election voting rate 100%, target". Active support of funds through cloud funding is being also appealed at present.

////
岡山の大学生3人が現在、若者の投票率向上を目的とした「センキョ割」活動を行っている。

 「センキョ割」のミーティング風景

 4月12日の第18回統一地方選挙に向けて展開している同活動は、選挙に行った若者に発行する投票証明書を提携商店で見せるとサービスが受けられる仕組み。

 同活動のモデルは、2012年衆議院総選挙から横浜で行われている「センキョ割」。横浜では多くの若者に認知されて参加者を集め投票率が向上した。

 岡山理科大学1年生でリーダーの梶原さんは昨年、岡山で行われた「ESDに関するユネスコ世界会議」をきっかけに自分たちの手で未来を作ろうと一念発起し、若者が政治に関心を持ち、投票に行く街にするため同プロジェクトを立ち上げたという。

 現在は、「センキョ割」提携店への交渉、県内の各大学に投票所を設置する交渉などを展開しており、岡山表町商店街の数店が参加を決めている。

 3月21日には、選挙や政治にしっかりとした考えをもってもらうために「若者と政治について語るフォーラム」も開く。

 プロジェクトメンバーたちは「岡山の学生選挙投票率100%が目標」と意気込む。現在、クラウドファンディングを通じた活動資金支援も呼び掛けている。
////
クラウドファンディング- Google News
Powered by RSSリスティング

////

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。