2015年03月11日

岡山県 GPS活用で道路情報管理 など 定例岡山県議会

岡山県 GPS活用で道路情報管理 など 定例岡山県議会
images kouraku.jpg
////
Okayama-ken By GPS utilization, road information management Regular Okayama prefectural assembly.

On the 10th, a February regular Okayama prefectural assembly resumes a general question. 3 family of Tsunehisa Kato (LDP and Tamano-shi), Yoshiyuki Watanabe (dou and Katsuta-gun) and Shinbo Kenichi (dou and Setouchi-shi) took the platform. To consolidate road management information on a road surface collapse, Ibaraki Ryuta governor made it clear that introduction of a sharing system in the agency which utilized a satellite use positioning system (GPS) is being considered.
While Mr. Kato introduced a practical use example of a road information sharing system in Aomori-ken, a governor answered "Quick location specification and information sharing on the map were done and led to more accurate road management. He'd like to consider system maintenance in order to indicate necessary information unitarily on the electronic map."
A national prefectural highway of prefecture management is about 3700 kilometers. Information is being managed by a paper base except for the part at present. I make sure that a site photograph, the repair history and information such as request from inhabitant of a prefecture and a complaint can be indicated on the electronic map by a sharing system. I make sure that the traders who entrust a repair will be seen, too and use it for quick correspondence.
Because the suffrage age is the perspective reduced to "more than 18 years old" from next summer's Upper House Election, Mr. Watanabe requests educational substantiality about political participation. Kengo Okamoto prefecture election administration chairperson explained that the delivering class is being developed by elementary and junior high schools in fiscal year 2014, and we assumed "It was opened to the high school from fiscal year 15. I was also thinking the supplementary material which can feel politics and election close is made and it's utilized by the session."
Mr. Shinbo points out that scholastic aptitude improvement and the class executive ability which spites and it's a teacher in school phobic prevention are important. Takei one thousand storage superintendent of educational affair "is important to the thing which plans for improvement of the class management power through practicing", recognition is indicated, as well as a present starting worker and training every 5 years, "The model business which plans for substantiality of a student council and class activity at a junior high school from fiscal year 15 was put into effect, and worked on improvement of practicing leadership about group organization." was stated.
////
岡山県 GPS活用で道路情報管理 など 定例岡山県議会

2月定例岡山県議会は10日、一般質問を再開。加藤浩久(自民、玉野市)、渡辺吉幸(同、勝田郡)、神宝謙一(同、瀬戸内市)の3氏が登壇した。伊原木隆太知事は路面陥没などの道路管理情報を一元管理するため、衛星利用測位システム(GPS)を活用した庁内共有システムの導入を検討していることを明らかにした。
 加藤氏が、青森県での道路情報共有システムの運用例を紹介したのに対し、知事は「迅速な位置特定や地図上での情報共有ができ、より的確な道路管理につながる。必要な情報を電子地図上で一元的に表示できるよう、システム整備を検討したい」と答えた。
 県管理の国県道は約3700キロ。現在は一部を除き、紙ベースで情報を管理している。共有システムでは現場写真、補修履歴、県民からの要望・苦情といった情報を電子地図上に表示できるようにする。補修を委託している業者らも見られるようにし、素早い対応に役立てる。
 渡辺氏は、来夏の参院選から選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられる見通しであることから、政治参加についての教育充実を要望。岡本研吾県選管委員長は2014年度に小中学校で出前授業を展開していることを説明し、「15年度から高校まで広げる。政治や選挙を身近に感じてもらえるような副教材を作成し、授業で活用することも考えている」とした。
 神宝氏は、学力向上やいじめ、不登校防止などには教員の学級経営能力が重要と指摘。竹井千庫教育長は「実践を通した学級経営力の向上を図ることは大切」との認識を示し、現行の初任者や5年ごとの研修に加えて「15年度から中学校で生徒会や学級活動の充実を図るモデル事業を実施し、集団づくりに関する実践的な指導力の向上に取り組む」と述べた。
////
岡山城.jpg
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:03| Comment(0) | 岡山県 GPS活用で道路情報管理 など 定例岡山県議会 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。