2015年03月13日

飲酒 健康害する前に対応を 岡山

飲酒 健康害する前に対応を 岡山
「一日警察署長」 桃瀬美咲 スケッチ.jpg
////
Drinking At the front where I fall ill, correspondence Okayama.

"Okayama alcohol dependence syndrome prevention convalescent network" (secretariat and Okayama-ken Mental and Welfare Center) held the panel discussion which considers alcohol dependence on the 11th in Okayama-shi. 4 people of doctor and Alcoholics Anonymous representation were based on alcohol health problem measure fundamental law of last year's June operation which required a healthy measure of a country and an autonomous body with drinking, and spoke about future's activity.
Kakunami Takashi doctor in a prefecture psychiatry medical center expects that the interest of the society also points to a health problem of a mind and body by excessive drinking and underage drinking. A doctor proposed a chance of drinking and mechanism making in which you can guide a person large in the quantity at an area and a post, and we assumed "A thing which corresponds before it was harmful, was important."
Narahara Shumyou chief director of a prefecture Tsuyama temperance emerging meeting (61) introduces the social welfare commissioner who participates in watch in an area and the thing which establishes new courses for cosseting commissioners for dependence understanding. Mutual self-help group and a cogon, oh, Fujii Sayoko representation of the bamboo shoot meeting (Okayama-shi) family meeting (63) stated "The family who holds a stress with modal operation when you'd catch alcohol dependence with social problem, was encouraging, too."
It's composed of a network by Alcoholics Anonymous, the family meeting and an administrative agency. About 50 people participated on this day.
////
飲酒 健康害する前に対応を 岡山

「岡山アルコール依存症予防回復ネットワーク」(事務局・岡山県精神保健福祉センター)は11日、アルコール依存を考えるパネル討議を岡山市内で開いた。飲酒に伴う健康対策を国や自治体に義務付けた昨年6月施行のアルコール健康障害対策基本法を踏まえ、医師や断酒会代表ら4人が今後の活動などについて話した。
 県精神科医療センターの角南隆史医師は、飲み過ぎや未成年の飲酒などによる心身の健康障害にも社会の関心が向くことを期待。医師が地域や職域で飲酒の機会や量が多い人に指導できる仕組みづくりを提案し、「健康を害する前に対応することが大事」とした。
 県津山断酒新生会の楢原守明理事長(61)は依存症理解のために、地域の見守りに携わる民生委員や愛育委員ら向けの講座を開いていることを紹介。自助グループ・おかやまたけのこ会(岡山市)家族会の藤井佐代子代表(63)は「法施行でアルコール依存を社会問題と捉えてもらえればストレスを抱える家族も心強い」と述べた。
 ネットワークは断酒会や家族会、行政機関などで構成。この日は約50人が参加した。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:06| Comment(0) | 飲酒 健康害する前に対応を 岡山 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。