2015年04月26日

岡山 ファンら金田一耕助誕生の日祝う

岡山 ファンら金田一耕助誕生の日祝う
金田一耕助 シリーズ.jpg
( 着物 美人 サポーター スケッチ )
推理作家・横溝正史(1902~81年)が戦中戦後に暮らした倉敷市真備町岡田の疎開宅で25日、「名探偵・金田一耕助」誕生の日を祝う初のイベントが開かれた。県内外から大勢のファンが訪れ、金田一に扮(ふん)した地元住民らがもてなした。
 金田一は、横溝が疎開時代の46年に発表した連載小説「本陣殺人事件」で初登場。同年4月24日付の横溝の日記に「新たな登場人物
 金田一」との記述があることから「誕生の日」として顕彰しようと、地元住民による疎開宅管理組合と岡田地区まちづくり推進協議会がイベントを企画した。
 はかまにお釜帽がトレードマークの金田一や横溝に扮した推進協のメンバーが、日記の当該部分を朗読して幕開け。真備三曲協会員が「本陣殺人?」のキーワードになっている琴を演奏し、茶席では地元愛好家がお点前を披露。疎開時代の横溝一家と地域住民のかかわりなどを紹介する紙芝居も上演された。
 疎開宅前の畑には300本のビオラで描いた「きんだ一」の花文字が咲き、参加者は見学用に築かれた足場から記念撮影していた。
 浅口市の主婦(43)は長男(11)と訪れ「金田一の大ファン。誕生の日の催しができてうれしい」と話していた。
/////
ファンら金田一耕助誕生の日祝う 岡山
//////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:12| Comment(0) | 岡山 ファンら金田一耕助誕生の日祝う | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。