2014年05月10日

<岡山ビブレ>35年の歴史に幕 類似の店舗間競争激化 ( 明日 )

<岡山ビブレ>35年の歴史に幕 類似の店舗間競争激化

明日、岡山ビブレ に行こう! 
///////
The intense competition between stores similar to the curtain of history < Okayama Vivre > 35 years

The 11th , commercial premises of JR Okayama Station East Exit " Okayama Vivre " ( Okayama city north district Saiwaicho ) is closed . Such as clothing and sundries shop for young people gathered , since the opening of the predecessor institution in 1979 of " Nichii Okayama store" , it has been popular . However , store customer base overlaps around increases , competition between stores is violently , closing was decided .

2 Hall configuration , Okayama Vivre is ( 16,000 m2 total to store part ) 5th floor first floor basement . Stores operating the current 34 stores to be about one- third of the peak . Employee management company "ion retail " of Chiba 52 people , about 180 people are working on the tenant . Of the retail employees , who wish to , that change in ion Group stores nearby.

According to the same group , and renewal in the " Okayama Vivre " in '86 . In 1997 , sales reached about 10 billion yen , but was limited to about half that in recent years. The group of " has been popular to use in 80-90 's , etc. Some shoppers visit at Lone in recent years ." However , trade area remains in the prefecture center , based on the and the impact that such similar clothing store of JR Okayama Station has increased , it was determined that " can not respond to changes in the lifestyle of young people , business continuity is difficult " he said.

For use the site after the closing , the group did not disclose the policy . Has been conducting large-scale construction of commercial complex scheduled to open this fall in " Aeon Mall Okayama " It is opposite the road and Vivre , redevelopment integrated with the facility has also been studied .
///////
<岡山ビブレ>35年の歴史に幕 類似の店舗間競争激化

JR岡山駅東口の商業施設「岡山ビブレ」(岡山市北区幸町)が11日、閉店する。若者向けの衣料品・雑貨店などが集まり、1979年の前身施設「ニチイ岡山店」の開業以来、親しまれてきた。だが、周囲に顧客層が重なる店舗が増え、店舗間競争が激しくなり、閉店が決まった。

 岡山ビブレは2館構成で、地下1階地上5階(店舗部分は延べ1万6000平方メートル)。現在の営業店舗は、ピーク時の3分の1程度となる34店。運営会社「イオンリテール」(千葉市)の従業員は52人、テナントには約180人が勤務している。リテール従業員のうち、希望者は、近くのイオングループ店舗に異動するという。

 同グループによると、86年に「岡山ビブレ」にリニューアル。97年には、売上高が約100億円に達したが、近年はその半分程度にとどまっていた。同グループは「80~90年代に利用し、近年は子連れで訪れる買い物客もいるなど親しまれてきた」という。だが、商圏が県内中心にとどまり、JR岡山駅周辺の類似衣料品店などが増加した影響などを踏まえ、「若者のライフスタイルの変化に対応できず、営業継続は困難」と判断したという。

 閉店後の跡地利用については、同グループは方針を明らかにしていない。ビブレと道路を挟んだ向かい側に今秋開業予定の大型複合商業施設「イオンモール岡山」の建設を進めており、同施設と一体の再開発も検討されている。


////////
進むイオン対策 2013年4月24日(水)放送 NHK から・・・

Large-scale commercial installation and one of the largest construction of " Aeon Mall Okayama " started in April in China Shikoku which opened in November next year is scheduled to JR Okayama Station , the 24th , is groundbreaking ceremony officials to attend was made .
" Aeon Mall Okayama " the thing is headquartered in Chiba City " Aeon Mall " is scheduled to be opened in November next year to JR Okayama Station of Okayama city north district , sales floor area if completed in 88,000 m2 it is the largest in China Shikoku .

Construction of the facility you are starting from April 1 , the safety during the construction period about 70 people interested parties such as Takaya mayor of Okayama and Okazaki bi- president of Aeon Mall is attending the planned construction site is the 24th groundbreaking ceremony to pray have been made .
Okazaki president held a press conference in the city after that , eight floors above ground and two underground floors , in addition to miscellaneous goods and fashion brand , it is opened and food court , facilities the 6th and 7th floors until the fourth floor from the first floor it was explained that revolves around the restaurant . In addition , it offers to commercial facilities not be placed or television studio rare in the country , a multi-purpose hall of approximately 600 people occupancy on the fifth floor .
In addition, we showed the idea to promote the establishment of a system for each other or to the PR store of each other in consultation with the shopping street of the city , and you can open the event jointly .
Okazaki president had said, " in conjunction with the existing mall , you want to rank raise the whole city of Okayama " he said.

[ President spring look Okayama Takashimaya Koizuka ]
We are thinking, " competitiveness is called into question . Synergistic effect of 20 million people to be received , and that will go to Okayama Takashimaya customers , to be the one of choice , it was we are the shop making a present value I believe intended "


[ Tenmaya Okayama shop Namba , Yasuhiko deputy manager ]
I have the sense of crisis ion 's you can, so the " front of the station , attract customers to the station that Na increases . However we come to buy the daily food for generations because we have been doing business in this table town for a long time I think for those who have gotten , but also to the person who can come to shopping at a critical moment with them, and want to enhance such satisfaction sincerely , and services assortment of products "


[ Owner ]
That it does not know how to sell , even to create a new " products I was big best . Something young audience because now me coming towards the shop , that it was really good to have you guidance I think "

[ Small business consultant Mr. Kenji Kodama ]
"I think therefore I think if I polish something personality always in the shop each , one of the shop only by , and wonder if not I can . I want to continue to find together . To be there always "

[ Okayama Chamber of Commerce and Industry Mr. Yamagata Akihiro ]
And I think our customers are pleased very much by the opening of " ion , and charming shops would come out , but I wonder what about really in terms of activation of the central urban area and become a city it will end just there I think charming shops one one go increased , a small shop in the area also . Ukato is , gotta Ika so able to excursion the city "
////////
JR岡山駅前に来年11月の開業が予定されている中国四国地方で最大規模の大型商業施設、「イオンモール岡山」の建設が4月からはじまり、24日、関係者が出席して起工式が行われました。
「イオンモール岡山」は千葉市に本社を置く「イオンモール」が岡山市北区のJR岡山駅前に来年11月の開業を予定しているもので、売り場面積は8万8000平方メートルで完成すれば中国四国地方で最大規模となります。

施設の建設工事は4月1日からはじまっていて、24日は建設予定地にイオンモールの岡崎双一社長や岡山市の高谷市長など関係者およそ70人が出席して工事期間中の安全を祈る起工式が行われました。
そのあと岡崎社長は市内で記者会見を開き、施設は地上8階、地下2階で、1階から4階まではファッションブランドや雑貨、それにフードコートなどを出店するほか、6階と7階はレストランを中心に展開することを説明しました。また、5階には商業施設への併設は全国的にも珍しいテレビスタジオや、収容人数およそ600人の多目的ホールを設置するとしています。
このほか、市内の商店街と協議のうえ互いの店舗をPRしあったり、共同でイベントを開いたりするための仕組み作りを進める考えを示しました。
岡崎社長は「既存の商店街と連携して、岡山のまち全体をワンランク底上げしたい」と話していました。

【岡山高島屋 肥塚見春社長】
「競争力が問われると思っています。2000万人の相乗効果が受けられるように、 お客様に岡山高島屋に行こうという、選択肢の一つとなるように、存在価値のある店作りをしていきたいと思っています」


【天満屋岡山店 難波康彦副店長】
「駅前にイオンさんができますので、駅への集客が高まるなという危機感は持っています。ただわれわれは昔から代々この表町で商売をさせていただいておりますので日々食材を買いに来ていただいている方にも、ここぞというときにお買いものに来ていただける方にも、本当に心から満足していただけるような、商品の品揃えとサービスを充実させていきたいなと思います」


【店主】
「新しい商品をつくっても売り方がわからないということが一番おおきかったですね。若いお客さんなんかもお店のほうに入ってきてくれるようになりましたので、ご指導いただいて本当によかったと思います」

【中小企業診断士 児玉健治さん】
「それぞれのお店で必ず何か個性を磨けば、その店ならではのものが、出来るんではないかなと思っています。いっしょに見つけていきたいですね。必ずあると思いますので」

【岡山商工会議所 山形章弘さん】
「イオンの出店によってすごくお客様がよろこばれるし、魅力的なお店が出てくると思うんですけど、そこだけで終わってしまう街になってしまうと中心市街地の活性化という点で果たしてどうなんだろうかと。やはり地域にある小さなお店が、1つ1つ魅力的なお店が増えていって、街を回遊していけるようになっていかないといけないと思っています」

///////
2013年05月01日 (水)
進むイオン対策 2013年4月24日(水)NHK 放送
ここ
///////
「周囲に顧客層が重なる店舗が増え、店舗間競争が激しくなり、閉店が決まった。」この分析は、正しいか?

///////
エリアでの「価値」の「棲み分け理論」を

別の視点で、活性化!(奇抜な発想がいる?)
「もんげー」神社をつくれ!?「妖怪ウォッチ」の里に? 
「もんげー」神社をつくれ!?「妖怪ウォッチ」の里に?

(岡山駅前商店街あたり、「もんげー」神社をつくれ!?「妖怪ウォッチ」の里に? 「桃太郎」の里に?)

大型店舗は地域をよくするか?(グローカル経営で狙う地方との共存共栄)以下の記事
大型店舗は地域をよくするか?(グローカル経営で狙う地方との共存共栄)

///////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 23:55
"<岡山ビブレ>35年の歴史に幕 類似の店舗間競争激化 ( 明日 )"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。