2014年06月27日

イオン渋滞対策で交通量調査へ  「大型商業施設・イオンモール岡山」

イオン渋滞対策で交通量調査へ  「大型商業施設・イオンモール岡山」

イオン渋滞は、かなり深刻では・・・。
//////
To traffic analysis with ion-congestion measures

The 26th, in order to understand the changes in the flow of people and vehicles in the practice before and after the large-scale commercial facilities and Aeon Mall Okayama construction progresses at JR Okayama Station south, Okayama and the Ministry of Land, Infrastructure and Transport Okayama National Highway Office in 43 locations around I revealed plans to jointly implement the traffic volume at the intersection investigation also extends. There is a serious concern of traffic congestion to occur after opening, to advance the measures based on the data. To the traffic extensive research in the central city that for the first time.
On this day, making the same office, city, Okayama Prefecture, police, etc. "county road traffic congestion measures Group" was held in Okayama city, traffic flow changes in a wide range "after opening the office of the Secretariat Description possibility is "some, I showed the idea of ​​embarking on research.
Aeon Mall Okayama scheduled to open in November. Momotaro avenue, street prefectural government, research for the first time in the intersection, such as JR Okayama Station West neighborhood, I do two days of Tuesday of July 1st and Sunday the 29th of this month. I examine 7:00 to 20:00 in the target car, bicycles and pedestrians.
Intends to and after the turn of the year the second time, is carried out by extracting the location points to weekday holidays and time congestion of opening immediately after the calm, congestion occurs chronically among the 43 locations.
Congestion measures associated with opening is planned review of traffic control, placement of staff induction, ensure temporary parking lot, and the promotion of park-and-ride. Share the same Subcommittee results of this survey, it is the basis of the data as it pursues a new measures. Okayama has said "I want to utilize it to measures to enhance the migration of the central city area."
Aeon Mall Okayama expected to attract 20 million people more than a year, parking policy is in addition to about 2,500 to be attached to a shop, to ensure about 2500 on a temporary basis. Police have "fear of serious traffic congestion there, including the peripheral portion after opening" he said.
//////
イオン渋滞対策で交通量調査へ

国土交通省岡山国道事務所と岡山市は26日、JR岡山駅南で建設が進む大型商業施設・イオンモール岡山の開業前後で人や車の流れの変化を把握するため、周辺の43カ所にも及ぶ交差点で交通量調査を合同実施する方針を明らかにした。開業後に深刻な渋滞が発生するとの懸念があり、データを基に対策を進める。中心市街地で大規模な交通量調査をするのは初めてという。
 同事務所、市、岡山県、県警などでつくる「県道路交通渋滞対策部会」がこの日、岡山市内で開かれ、事務局の同事務所が「開業後は広範囲で交通の流れが変わる可能性がある」と説明、調査に乗り出す考えを示した。
 イオンモール岡山は11月に開業予定。1回目の調査は桃太郎大通り、県庁通り、JR岡山駅西口付近などの交差点で、今月29日の日曜と7月1日の火曜の2日間行う。車、自転車、歩行者を対象に午前7時から午後8時まで調べる。
 2回目は年明け以降とし、開店直後の混雑が落ち着いた時期の休日と平日に、43カ所のうちで渋滞が慢性的に発生している地点などを抽出して行う予定。
 開業に伴う渋滞対策は、交通規制の見直し、誘導員の配置、臨時駐車場の確保、パークアンドライドの推進などが計画されている。今回の調査結果は同部会で共有し、新たな対策を進めていく上での基礎データとする。岡山市は「中心市街地の回遊性を高める施策にも活用したい」としている。
 イオンモール岡山は年間2千万人超の集客を見込み、駐車場は店舗に併設する約2500台に加え、臨時に約2500台を確保する方針。県警は「開業後は周辺部を含めて深刻な交通渋滞の恐れがある」としている。
//////
イオン、天満屋にももちゃり駐輪
//////
The peach bicycle parked ion, to Tenmaya

The 24th, Circulation place rental bike was going to be established in 2014 during the "Peach bicycle" for (port), Aeon Mall Okayama (Kita Shimoishii) of scheduled to open in November, Okayama Tenmaya Okayama shop before I showed as a candidate eight locations (such as the table-cho). Of the 17 port locations of existing, to increase the parked machine three places such as city hall, corresponding to the height of the use needs.
I revealed in the City Council Committee on Construction. I chose a place you do not hear port around, or expected to be available in many places in the eight new. Has been conducting consultations with land management have each, at the time of opening, the mall aims to open in October after seven locations other. Terminal to the procedure and the use installed one at a time, bicycle parking machine providing the 8-34 group in each point.
In addition to the city hall, Okayama prefectural library before hospital (up Marunouchi) existing port to increase the bicycle parking machine (same Shikata-cho). By the end of July, you are adding on was transferred to the north than the current position is the same hospital. Expected to increase in October after two places other.
With the expansion of bicycle parking machine and port, to a total of 230 units, 90 units increase bicycle.
Aims to shift from transportation system that is overly dependent on the automobile, peach bicycle introduced in July last year. The average daily number of loans per the end of May this year from the same September the basic charge was required in 2.38 times, I have exceeded once the city had been the original target.
Private operators that connects the agreement with the city has managed, but the city will be paid about 54 million yen budget for construction of facilities for the new port, such as the purchase of a bicycle.
City bike developed city Office that "further enhance the convenience, such as new port, you want to connect to the improvement of migratory Machinaka" he said.
//////
イオン、天満屋にももちゃり駐輪

岡山市は24日、2014年度中に新設するとしていた貸自転車「ももちゃり」の貸出・返却場所(ポート)について、11月開業予定のイオンモール岡山(北区下石井)、天満屋岡山店前(同表町)など8カ所を候補として示した。既存のポート17カ所のうち、市役所など3カ所は駐輪機を増やし、利用ニーズの高さに対応する。
 市議会建設委員会で明らかにした。新設の8カ所は周辺にポートがなかったり、多くの利用が見込めたりする場所を選んだ。それぞれ用地管理者らと協議を進めており、同モールは開業時、他の7カ所は10月以降のオープンを目指す。利用手続きなどをする端末機は1台ずつ設置し、駐輪機は各地点に8~34基を設ける。
 駐輪機を増やす既存ポートは市役所のほか、県立図書館前(同丸の内)と岡山大病院(同鹿田町)。同病院は7月末までに、現在地より北に移した上で増設する。他の2カ所は10月以降に増やす予定。
 ポートや駐輪機の増設に伴い、自転車は90台増の計230台とする。
 ももちゃりは自動車に過度に依存した交通体系からの転換を目指し、昨年7月に導入。基本料金が必要となった同9月から今年5月末までの1台当たりの1日平均貸出回数は2・38回で、市が当初目標としていた1回を上回っている。
 市と協定を結んだ民間事業者が運営しているが、ポートの新設、自転車の購入といった施設整備費約5400万円は市が負担する。
 市自転車先進都市推進室は「ポート新設などで利便性をさらに高め、まちなかの回遊性向上につなげたい」としている。
//////

岡山のイオンモールとの比較に・・・ 岡山は「都市型モール」?


長野県松本市中央「観光型モール」
//////
松本市の大型イオン計画で見えた、「イオン」「商店街」「郊外店」の三角関係

//////
I saw a large ion plan in Matsumoto, triangular relationship "ion", "mall" and "suburban store"

Commercial facility at the core tenant ion Higashimatsumoto store large-scale commercial facility in Matsumoto City, Nagano Prefecture center "Matsumoto Katakura Mall". Ions are shown in the city plans to redevelop the whole area, to open in the fall of 2016 the facility of scale of about three times the current. Floor area after development is about 41,000 square meters, it is the largest of more than Sakudaira In the ion mall in the prefecture.

New mall worsen the congestion! ?

The specific contents of the plan, revealed by city council economic environment committee council which was held on June 13, 2014.

On the other hand is way more narrow Aina castle town of Matsumoto specific, congestion is chronic the city. City side's concerned, it's that they do not damage the shopping district of the city center which is adjacent to the worsening of congestion.

The city is planning to the mall the whole central city landmark a national treasure Matsumoto Castle. It's idea that'll have excursion by bicycle or on foot (as much as possible) rather than the private car. You are or your business that you can not restore the outer moat by evicted the land, which was built to mark the outer moat Therefore, to reproduce the city of Edo.

Redevelopment planned site is adjacent buildings built building are arranged in "Naka district". Because they had expressed construction apart from the "tourist-type mall" and mall traditional, Chamber of Commerce and officials city had an interest in the specific details, but the ions is the official size of the store it was more than I had imagined.

Foot traffic to move to the suburbs / roadside ...

But threats to local shops, not only ion of the same center. Because, already, and commercial center but because they moved to the suburbs / load site. Suburbs / roadside whereas was about 156.3 billion yen, annual retail sales of 2007 was only 70 billion yen to center.

Inoue department stores including the head office of local, Matsumoto PARCO, and Ario Matsumoto set up the shop front of the station. However, it is not said to store family to enjoy a day with the exception of Ario Matsumoto, and intense congestion also parking in the center is missing.

With free parking, chain stores suburbs is marketing its low price as a result of low-cost operations to further this. This is why shoppers tend to go all the way to the suburbs. Companies increased has been successfully operational efficiency without exception. It is a major challenge that local shops face.

Might be to go with the customer to huge mall, but flow to the suburbs does not stop in this state - ion, local shops, suburban stores, dilemma of love triangle exactly.

It is quite crowded even on weekdays daytime Katakura Mall of current is also holding the local trade area. There is no doubt that it is an integral part of the compact city concept of the city. New mall that can be can be a facility that lead to local activation depending on the combination. For example, tourists coming from the outside to park your car, enjoy the rooftops of warehouse building while walking to the center from there - it is not impossible to think that the model also.

In the process of sliding match the construction plan of ion and Vision for the city, it is possible that solution, including road infrastructure is found, continue to develop into a more desirable town for local residents. Matsumoto has maintained the bustle of the national top-class in the city of 200,000 class. Whole country is watching the future of urban planning.
//////
松本市の大型イオン計画で見えた、「イオン」「商店街」「郊外店」の三角関係

長野県松本市中央にある大型商業施設「松本カタクラモール」はイオン東松本店を核テナントとする商業施設。イオンは一帯を再開発して、現在の約3倍の規模の施設を2016年秋にオープンさせる計画を市に示した。開発後の店舗面積は約4万1000平方メートルで、県内のイオンモールでは佐久平を上回る最大規模となる。

新モールが渋滞を悪化させる!?

計画の具体的な内容は、2014年6月13日に開催された市議会経済環境委員協議会で明らかになった。

松本は城下町特有の狭あいな一方通行が多く、市内は渋滞が慢性化している。市側が懸念しているのは、渋滞の悪化と隣接する市中心部の商店街にダメージを与えないかという点だ。

市は、国宝松本城をランドマークに中心市街地を丸ごとモールにする計画を進めている。(できるだけ)マイカーではなく徒歩や自転車で回遊してもらおうという考えだ。そのため外堀跡に建てられた宅地を立ち退かせて外堀を復元させたり、幕末の街並みを再現する事業を進めたりしている。

再開発予定地は蔵づくりの建物が並ぶ「中町地区」に隣接している。イオンは従来のモールとは一線を画す「観光型モール」の建設を表明していたことから、その具体的内容に市や商工関係者は関心を寄せていたが、店舗の規模は関係者が想像していた以上だった。

郊外/ロードサイドに客足は移り...

しかし地元商店にとっての脅威は、同じ中心部のイオンだけではない。というのも、商業の中心はすでに、郊外/ロードサイトに移っているからだ。2007年の小売業年間販売額は郊外/ロードサイドが約1563億円だったのに対し、中心部は700億円にすぎなかった。

駅前は地場の井上百貨店本店をはじめ、松本パルコ、アリオ松本などが店を構える。しかし、アリオ松本を除けばファミリーが1日楽しめる店とはいえなくなっているし、中心部の駐車場は不足し渋滞も激しい。

これに対して郊外のチェーン店は、無料駐車場を備え、さらにローコストオペレーションの結果として低価格を売りにしている。買い物客がわざわざ郊外に足を運ぶ理由がここにある。大きくなった企業は例外なく業務の効率化に成功している。地元商店が直面する大きな課題だ。

巨大モールに客を持って行かれるかもしれないが、しかしこのままでは郊外への流出も止まらない――イオン、地元商店、郊外店、まさに三角関係のジレンマだ。

現在のカタクラモールも地元商圏を押さえており平日昼間でも結構賑わっている。市のコンパクトシティ構想には不可欠の要素であることには間違いない。新しくできるモールも組み合わせ次第では地域活性化につながる施設となり得る。例えば、外部からやって来る観光客が車を駐車し、そこから中心部まで歩きながら蔵造りの街並みを楽しむ――というモデルも考えられなくない。

市のビジョンとイオンの建設計画をすり合わせる過程で、道路インフラを含めた解決法が見つかれば、地域住民にとってより望ましい街に発展していく可能性はある。20万人クラスの都市の中では全国トップクラスの賑わいを維持している松本。都市計画の行方を全国が注目している。
///////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 12:50
"イオン渋滞対策で交通量調査へ  「大型商業施設・イオンモール岡山」"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。