2014年11月30日

シーガルズ 初の開幕4連勝 岡山

シーガルズ 初の開幕4連勝 岡山
/////
Seagulls's first season four straight wins Okayama

Volleyball V · Premier League is the 29th, there are each four games men and women in such sports center gymnasium of Yamaguchi Prefecture Hofu, Okayama Seagulls last season second place in the women's is dismissed and the first elevated Ageo Medics at 3-2, team first become opening 4-game winning streak. Stretched the points to 11, and kept the lead.
Seagulls, etc. are lien is a detached after the first set of midfield, I suffered a year of world championship winner of the United States representative Murphy the Yosuru Ageo of attack. However, established a block and receive, second, and Renshu the third set. Although brought into the full set, the last was piled up points and turned over in such swipe of love Kawabata from 13-14.
3 aiming for consecutive Hisamitsu is defeated reversal of 3-2 NEC, 2-position of the 10 points in four straight wins. NEC is first defeat. Toray is negatively reversed Toyota Auto Body, became the lowest in four-game losing streak.
Men of JT wins 3-0 to Suntory, I stood on the top spot in 10 points. Okayama Seagulls 3-2 Ageo 18-25, 25-23, 25-19,19-25,17-15
[Evaluation] Okayama Seagulls took a strength in the game far from it while fighting unstable. The final fifth set 13-14,14-15 and has been held twice match point, when you reverse depriving Kawabata Aiga well block out, last win in 17? 15 in the block score of AsaTsu. Suffering in high block and sharp serve, but the time zone of inferiority was longer, love Kawabata is struggling with 29 points. The stickiness in the defensive from the second set 23-23, even greater was Ubaikaeshi etc. swipe of Sasaki.
Ageo is the beginning 17 points Murphy of 29 score Yoshimura, Araki gills tow of 15 points. Defense was also Kuraitsui, but packed it was sweet.
/////
シーガルズ 初の開幕4連勝 岡山

バレーボールのV・プレミアリーグは29日、山口県防府市の市スポーツセンター体育館などで男女各4試合があり、女子で昨季2位の岡山シーガルズは初昇格した上尾メディックスを3-2で退け、チーム初となる開幕4連勝。勝ち点を11に伸ばし、首位を守った。
 シーガルズは第1セット中盤以降に突き放されて先取されるなど、ことしの世界選手権覇者の米国代表マーフィーを擁する上尾の攻撃に苦しんだ。しかしブロックとレシーブを整え、第2、第3セットを連取。フルセットに持ち込まれたが、最後は13-14から川畑愛の強打などでひっくり返して勝ち点を積み上げた。
 3連覇を狙う久光製薬はNECを3-2の逆転で下し、4連勝で勝ち点10の2位。NECは初黒星。東レはトヨタ車体に逆転負けし、4連敗で最下位となった。
 男子のJTはサントリーに3-0で勝ち、勝ち点10で首位に立った。岡山シーガルズ3-2上尾18-25, 25-23, 25-19,19-25,17-15
 【評】岡山シーガルズは不安定な戦いながら勝負どころで強さを発揮した。最終第5セット13-14、14-15と2 度マッチポイントを握られたが、川畑愛がうまくブロックアウトを奪って逆転すると、最後は浅津のブロック得点で17?15で勝利。高いブロックや鋭いサーブに苦しみ、劣勢の時間帯が長かったが、川畑愛が29得点と奮闘。第2セット23-23から守備で粘り、佐々木の強打などで奪い返したのも大きい。
 上尾は29得点のマーフィーをはじめ17得点の吉村、15得点の荒木絵らがけん引。守備も食らいついたが、詰めが甘かった。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:03
"シーガルズ 初の開幕4連勝 岡山"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。