2015年01月01日

プログラミングコンテストやハッカソンが花盛り 「データシティ―岡山」を

プログラミングコンテストやハッカソンが花盛り 「データシティ―岡山」を
////
Programming Contest and Hackathon is flowering "data City - Okayama" the

2014 is, contests and Hackathon that programming is involved be held many, seems both was success. Also will have a lot of events will be held in 2015.

It is not only in the field of programming, but participation in the contest, will be the opportunity of looking to show off their skills and work. It is effective to enhance the motivation to keep skills up and works building. If if winning, not only lead to a great pleasure, social evaluation is also obtained.

On the other hand, also for the side to hold a contest, it is possible to be public the specific technology and ideas, you will be able to or obtained excellent you can discover the human resources, the tips of new products and services. Also, if the contest itself is accustomed to topic, you will be expected to increase awareness and market expansion in the market for its technology and themes.

Interestingly, simply rather than compete for the programming of technology, to say even with the business model, is that a growing number of cases that can compete for use of the idea of the program. Moreover, not only IT-based companies and community, general companies and government agencies, such as local governments have been conspicuous case to hold a contest.

For example, last year the Ministry of Internal Affairs and Communications and open data distribution Promotion Consortium, has conducted the "open data app contest". Open data seven demonstration experiment is to provide it is (municipality administrative information, tourist information, disaster prevention information, public transportation information, etc.) application development contest the use of the theme of. Kanazawa and Okayama, as in Yokohama, you can appeal the attractiveness of the region, also have increased municipalities citizens and tourists to practice the development contest of convenient-to-use app.

The Tokyo Metro is to publish such as subway train position and delay time as open data, we held a contest of apps using this data. Would aim is to explore what leverage is possible if you have public information such as the train as open data (related article: Tokyo Metro "open data contest", application of 281)
////
プログラミングコンテストやハッカソンが花盛り 「データシティ―岡山」を

2014年は、プログラミングが関わるコンテストやハッカソンが多数開催され、いずれも盛況だったようです。2015年もたくさんのイベントが開催されるでしょう。

 プログラミングという分野に限りませんが、コンテストへの参加は、自分のスキルや作品を披露する格好の機会となります。スキルアップや作品づくりに対するモチベーションを高めるのに効果的です。仮に入選すれば、大きな喜びにつながるだけでなく、社会的な評価も得られます。

 一方、コンテストを開催する側にとっても、特定の技術やアイデアを公募することで、優れた人材を発掘したり、新商品や新サービスのヒントを得たりすることができます。またコンテスト自体が話題になれば、その技術やテーマに関する市場での認知度向上や市場拡大を期待できるでしょう。

 興味深いのは、単にプログラミングの技術を競うのでなく、ビジネスモデルとでもいうべき、プログラムの活用アイデアを競い合うケースが増えている点です。しかも、IT系の企業やコミュニティだけでなく、一般企業や官公庁、自治体などがコンテストを開催するケースが目立ってきています。

 例えば総務省とオープンデータ流通推進コンソーシアムは昨年、「オープンデータ・アプリコンテスト」を実施しました。7つの実証実験が提供するオープンデータ(自治体行政情報、観光情報、防災情報、公共交通情報など)の活用をテーマにしたアプリ開発コンテストです。金沢市や岡山市、横浜市のように、地域の魅力をアピールしたり、市民や観光客が便利に使えるアプリの開発コンテストを実施する自治体も増えています。

 また東京メトロは、地下鉄の列車の位置や遅延時間などをオープンデータとして公開し、このデータを利用したアプリのコンテストを開催しました。列車などの情報をオープンデータとして公開した場合にどのような活用が可能かを探るのが狙いでしょう(関連記事:東京メトロ「オープンデータコンテスト」、281件の応募)
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07
"プログラミングコンテストやハッカソンが花盛り 「データシティ―岡山」を"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。