2015年02月17日

岡山市社会実験 15年度早期に

岡山市社会実験 15年度早期に
00O DSC_0383.jpg
/////
Okayama-shi social experiment In early stage in fiscal year 15.

On the 16th, a February regular Okayama city council begins the session. The first's general account budget in fiscal year 2015 at 284,806,000,000 yen introduced 74 bills, and Mayor Masao Omori explained a suggestion reason. A mayor showed an idea aiming at implementation in an early period in fiscal year 15 about the social experiment which makes the prefectural office street incorporated into the said budget traffic space of pedestrian priority.
The said experiment reduces a lane on the roadway by regulation and makes it a pedestrian mall. It was planned in fiscal year 14, but a city was leaving implementation over because Okayama prefectural police showed disapproval for reason of the anxiety to a traffic jam.
Such as the number of pedestrians of the JR Okayama Ekinan subway receives opening of Okayama of AEON Mall (the said city Kita-ku Shimoishii), and increases rapidly, a mayor "points out that the migration situation changed and ties person's new flow to a crowd in the town and energy", and, emphasis. We assumed "Flexible correspondence according to the traffic situation was also discussed with a prefectural police in mind in order to put it into effect from early time of the new year." about a traffic social experiment.
I'm aiming at starting until June according to a city, and on total of 6th, it's expected to do for total of 3 days in a holiday Sunday by Saikawa green way park quarter in the weekend holiday on the prefectural office street. The experimental cost of 80,550,000 yen is being appropriated for the first's general account budget in fiscal year 15.
The intention also to establish in an early period in fiscal year 15 about "overall educational meeting" by School Board with the head introduced from fiscal year 15 by a national institutional change was indicated.
It was based to assume a period covered with 16-fiscal year 25 about the new grand total vision which consulted with a council on consideration in December of last year, and the idea that the long plan is gathered by the end of fiscal year 15 was explained.
A regular meeting decides about a session with 25 days until March 12. I enter representatives' interpellation from the 23rd.
/////
岡山市社会実験 15年度早期に

 2月定例岡山市議会は16日、開会。2848億600万円の2015年度一般会計当初予算案など74議案を上程し、大森雅夫市長が提案理由を説明した。市長は、同予算案に盛り込んだ県庁通りなどに歩行者優先の交通空間をつくる社会実験について、15年度の早い時期の実施を目指す考えを示した。
 同実験は車道の車線を規制で減らしたり、歩行者天国にしたりする。市は14年度に計画したが、岡山県警が渋滞への懸念を理由に難色を示したため、実施を見送っていた。
 市長はイオンモール岡山(同市北区下石井)の開業を受け、JR岡山駅南地下道の歩行者数が急増するなど回遊状況に変化が起きたことを指摘し「新たな人の流れをまちのにぎわいと活力に結び付ける」と強調。交通社会実験について「新年度の早い時期から実施できるよう交通状況に応じた柔軟な対応も念頭に県警などと協議する」とした。
 市によると、6月までの開始を目指しており、県庁通りで土日祝日に計6日、西川緑道公園筋で日曜祝日に計3日間行う予定。15年度一般会計当初予算案に実験費8055万円を計上している。
 国の制度改正で15年度から導入される首長と教育委員会による「総合教育会議」についても15年度の早い時期に設置する意向を示した。
 昨年12月、審議会に検討を諮問した新しい総合計画については、対象期間を16~25年度と想定していることを踏まえ、15年度中に長期構想をまとめる考えを説明した。
 定例会は会期を3月12日までの25日間と決定。23日から代表質問に入る。
/////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:07
"岡山市社会実験 15年度早期に"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。