2015年02月22日

<野菜ソムリエ>料理に工夫を 北区で体験レッスン /岡山

<野菜ソムリエ>料理に工夫を 北区で体験レッスン /岡山
////
< sommelier of vegetables> a device is experienced in Kita-ku in a dish, a lesson/Okayama

An experience lesson of the qualification to put on knowledge of vegetables and fruit and utilize for a life and shokuiku "sommelier of vegetables" was Olga Hall in Kita-ku 1, Hokancho. Such as a Japanese sommelier society of vegetables (Shibuya-ku, Tokyo) is the qualification of people to authorize, and health-conscious rise and performing artist acquire it, a sommelier of vegetables does, and is popular.

I had that on January 31. Yokohata Naoko, the lecturer (34) introduces cooking of banana and preservation method. Banana different in how to ripen and the kind was eaten, it was compared and Africa was boiled like a potato by foreign countries, and it was baked, and explained that it's principal food. Mr. Yokohata, "I'm happy to be glad to devise a dish by becoming a sommelier of vegetables and introduce a recipe.", charm of qualification was told.

The office worker who participated from Fukuyama-shi, Hiroshima and Mr. Osamu Okamoto (42), "I cooked, so it was interesting. I think I'll obtain a license.", I spoke.
////
<野菜ソムリエ>料理に工夫を 北区で体験レッスン /岡山

 野菜や果物の知識を身につけ、生活や食育などに生かす資格「野菜ソムリエ」の体験レッスンが、北区奉還町1のオルガホールであった。野菜ソムリエは、日本野菜ソムリエ協会(東京都渋谷区)が認定する民間資格で、健康志向の高まりや芸能人が取得するなどして人気がある。

 1月31日にあった。講師の横畑直子さん(34)は、バナナの調理や保存方法などを紹介。熟し方や品種が異なるバナナを食べ比べたり、アフリカなど海外では芋のように煮たり、焼いたりして主食になっていることなどを説明した。横畑さんは「野菜ソムリエになることで料理を工夫し、レシピを紹介することで喜んでもらうことがうれしい」と資格の魅力を語った。

 広島県福山市から参加した会社員、岡本修さん(42)は「料理をするので、興味深かった。資格を取ってみようと思う」と話した。
////
posted by 岡山パワーズ(okayama_powers)  at 07:01
"<野菜ソムリエ>料理に工夫を 北区で体験レッスン /岡山"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。